救急車

スポンサーリンク


どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

 

2018年10月19日発売のジョジョリオン(ジョジョ8部)、コミックス19巻に掲載されている

第76話「オゾン・ベイビーの加圧 その④」のネタバレです。

 

 

 

 

前回の第75話で、定助は【イチイ】の猛毒が入ったシャボン玉を放ち、

豆銑さんとのコンビネーションでプアートムの口に放り込みます。

前回、第75話のネタバレ記事はこちら

 

 

ですが、プアートムのオゾンベイビーで加圧されて

ペシャンコになった豆銑さん。

せっかく仲間になったのに、このままサヨナラ?

 

 

そして、【ロカカカの枝】を持ち、

逃げ去ろうとするプアートムを

定助は捕まえることができるのでしょうか?


スポンサーリンク

オゾンベイビーの加圧を乗り越えろ!定助がプアートムに迫る!

オゾンベイビーの加圧にも負けず、プアートムに近づく定助。

【イチイ】の猛毒を食らってすっかり弱腰のプアートム。

 

次に定助が繰り出した【ソフトアンドウェット】の

シャボン玉にも怯えていた。

 

 

「ワシの勝ちは決まりなんだッ!」と言いながら、

まったく勝ってる雰囲気はない。

 

「来るなぁあああ!」と叫ぶプアートムは

なぜか、木の枝で逆上がりッ!

キョトン

意味不明・・・

 

 

消防車と救急車が近寄ってきた。

シャボン玉の中身を恐れるプアートムは、あまりにテンパりすぎて

【ロカカカの枝】で叩き落とそうとした。

 

 

ハッと我に返り、そこらへんの小石を投げつけた。

それでもシャボン玉は追いかける!

 

プアートムは、必死でダッシュするが

【イチイ】の猛毒で、またゲロを吐いてしまう!

 

 

もう病院に行きたくてたまらないプアートム。

【ロカカカの枝】を渡す気はないが、金で解決しようと

定助に札の入った財布を投げつけた。

 

 

もちろん定助は金などに興味はなく、シャボン玉は止まらない!

あきらめムードのプアートムは、シャボン玉が近づいて割れる前に

【オゾンベイビー】の能力を解除した。

 

 

頭上を通り過ぎたシャボン玉が木の枝に引っかかり割れた。

その中身は・・・

まさかの空っぽだった。

 

 

定助のハッタリにプアートムが負けてしまった。

オゾンベイビーの加圧状態も無くなり、定助は一直線に

プアートムの元へダッシュした。

 

さよならプアートム!ジョジョ8部のラスボスは救急車のあの人?

プアートムは残りの力を振りしぼり、救急車へと向かう。

そして、救急車には仲間が乗っているはず。

プアートム「病院からあの人が来るはずなんだッ!」

 

 

救急車に向かって誇らしげにロカカカの枝をかざした次の瞬間、

プアートムの頭は、後方から何者かの攻撃で撃ち抜かれてしまった。

プアートムの頭は木っ端微塵!

 

 

定助が見たのは前方にある、救急車の後部ドアから降りる人影だった。

顔は見えないが、プアートムが持っていた【ロカカカの枝】を握りしめ、

救急車は去っていった。

 

敵は少なくとも2人いる。

【ロカカカの枝】を回収したヤツとプアートムを後ろから撃ち抜いたヤツ。

 

 

定助は救急車を追いかけてダッシュし、シャボン玉を放つが間に合わなかった。

プアートムから負ったダメージもあり、倒れ込んでしまう。

 

分かっていることは、救急車のナンバープレートが「3-11」であることだけ。

ロカカカの枝を奪い取られ、涙する定助だった。


スポンサーリンク

ロカカカの枝を手にしたのは東方常敏&つるぎ!勝者のセリフとは?

サボテンを抱えたつるぎちゃんは果樹園に近付こうとしていた。

つるぎちゃんを呼び止める憲助さん。

 

孫の心配をする憲助さんは、プアートムの加圧がなくなり、

やっと動けるようになった。

 

 

憲助さんは今回の岩人間を目撃することはなかったが、

彼らの目的が【ロカカカ】であることは分かっていた。

 

 

長男、常敏の姿が見えないのでつるぎちゃんに尋ねるが、

見えたのは犬の岩助だけだった。

ノーマル

岩助生きてたのねッ!

 

 

憲助さんは、家に入っておくように言いつけ、

常敏を探しに向かった。

憲助さんの足の甲に鶴の折り紙がのっていた。

 

 

【ペーパー・ムーンキング】

折り紙に触れた者は、同じ顔に見えたり

物体の区別が認識できなくなる能力。

 

東方常敏は、ずっとつるぎちゃんの横にいた。

だが憲助さんはつるぎちゃんがサボテンを抱えていると

認識させられていたのだ。

 

 

そして、常敏の手には救急車のあの人が持ち去ったはずの

【ロカカカの枝】があった。

 

東方常敏「おれとおまえが全員に勝ったんだ!!」

余裕の勝利宣言をする常敏。

いったい、何が起こったのだろうか?

 

豆銑さんが生きていた!定助が安堵のセリフ

その頃、救急車には2人の隊員が乗車していた。

1人は運転手、もう1人は【ロカカカの枝】を持っていた。

 

 

プアートムが手に入れた【ロカカカの枝】が偽物で

只の「梨の枝」だと気付き、ブチ折る「あの人」。

 

そして、2人は定助以外に東方邸の庭に火を放った

「何者」かがいることにも気づいた。

だが彼らにも、誰が火を放ったかは分かっていなかった。

 

 

【ロカカカの枝】はどこで入れ替わったのだろうか?

それは、プアートムが【ロカカカの枝】を拾おうとした時、

【ペーパー・ムーンキング】で定助も同時に幻覚を見せられていた。

 

2人は「梨の木」を一生懸命、奪い合って追いかけっこをしていたのだ。

常敏&つるぎコンビにすべて持っていかれたのだった。

 

 

常敏は【ロカカカの枝】をファーローサボテンに接ぎ木した。

豆銑さんの技術に関心する常敏。

この分だと収穫はかなり早くなりそうだ。

 

【ロカカカ】の育てる場所について常敏は、すでに考えていたが

つるぎちゃんには、憲助さんや他の家族にも

絶対言わないように約束させた。

 

 

2人で勝利を味わうため。

「勝ったやつが正しい」と常敏は信じていた。

 

 

豆銑さんの元に戻ってきた定助。

ペラペラになって、もうお亡くなりになっと思いきや生きていた!

 

ワイヤー状になる【ドギー・スタイル】の能力のおかげだろうか?

定助は豆銑さんが生きていることに安堵の言葉をもらした。

 

 

「良かった・・・生きててくれて・・・」

だが、【ロカカカの枝】を奪われたことも告白し、

泣き崩れる定助だった。

 

まとめ

プアートムがすっかりラスボスだと思いこんでいましたが

意外にもアッサリと仲間にヤラれてしまいました。

結局、謎の赤ちゃんじいさんの正体は、分からないままでしたね。

 

ですが、新たな岩人間が登場します。

今度こそラスボス(?)っぽい、あの人とは誰なのでしょう?

 

 

そして、【ロカカカの枝】は常敏とつるぎちゃんがゲットできました。

このまま2人は【ロカカカの実】を育てることができるのでしょうか?

続きは次回、第77話で

 

 

eBookJapanならいつでも、どこでもスマホで「ジョジョ」を読むことができます。

eBookJapan

ジョジョラーならばコミックスとスマホ、両方で読みましょう(笑)

 

eBookJapanについての使い方はこちらです

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク