どうも!

先日、幼稚園児にいきなりケンカを売られ、オラオララッシュをされました。

危うく再起不能(リタイヤ)になるところでした。

影吉 良吉【かげよしりょうきち】です(笑)

 

 

私はジョジョをこよなく愛しています。

どのくらい愛しているかというと・・・

山岸由花子が広瀬康一を愛しているくらいなんですゥゥゥ!

 

 

本日から、当サイト【ジョジョロオオオード】を公開したですが

なんと偶然にも今日(6月7日)は【ジョジョの奇妙な冒険】の作者

荒木飛呂彦先生の誕生日なのです!!!

 

 

たまたま部屋に置いてるアマゾンのAIスピーカー【アレクサ】に「おはよう」と

話しかけたら荒木先生の誕生日だと教えてくれました!

 

「こんなことってある?」と思いながら、正直ビックリしています。

これはまさに【運命の奴隷】かと感じています。

 

 

荒木先生、お誕生日おめでとうございます!

【ジョジョロオオオード】も荒木先生と同じ誕生日で素晴らしきスタートとなりました!

 

そして【アレクサ】!荒木先生の誕生日を教えてくれて

ありがとおおるるるるるるるるるるん!

 

 

さてさて私とジョジョの出会いを語りたいと思います。

あれは小学校、高学年のときでした。

当時はジャンプの黄金期。

 

ドラゴンボール、シティハンター、幽遊白書、スラムダンクなどなど・・・

人気作品が盛りだくさんあって、世の少年たちはジャンプに夢中でした。

 

 

そんな中、ページを開くと気持ち悪い絵が・・・

驚きの表情

なんじゃこりゃ~!?気色悪っ!!

後頭部にゴキブリが這い回ってるのですが・・・(コミックス17巻参照)

 

「このマンガはもう見ることないな」

というのが、私の感想でした。

 

 

小学生の私にとって、ジョジョが掲載されているページをめくるのさえ、

抵抗があり、触るのも嫌でした。

 

しかし他の作品は結構、読んでいたので、たまたまジョジョのページを開いてしまうことがあります。

その度に不快な思い・・・

 

 

ある時、またうっかりジョジョのページを開いてしまいました。

そこには、よく分からない描写が・・・

 

キャラクター(空条承太郎)の後ろに、もう一人いました。

でも人じゃない・・・何だこれは?

 

 

後になって、スタンドという概念が分かったのですが、

当時はまったく理解できず、そんな描写をしているマンガは

私の知る限りはありませんでした。

 

忘れもしないオシリス神のダービー戦でした。(コミックス23巻参照)

 

 

それから、”徐々に” ジョジョな奇妙な冒険にハマっていきました。

そんな私がジョジョファンのみなさんと一緒に楽しめるジョジョラーサイト

【ジョジョロオオオード】を立ち上げました。

 

 

サイト名は、【ジョジョの奇妙な冒険】と

道しるべになるようなサイトという意味で【ロード】を掛け合わせました。

 

ちなみに【ロオオオード】という書き方をしているのは、

第5部で登場した【リゾット・ネェロ】のスタンド、メタリカが【ロオオオード】と

叫んでいたので、それから名付けました(笑)

 

 

 

ジョジョラーのみなさんが楽しんでいただけるようなサイトにしていくので、

どうぞよろしくお願いいたします!


スポンサーリンク