DIO

スポンサーリンク

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

 

今回は、「ジョジョの奇妙な冒険」第3部、

スターダストクルセイダース、DIOについて解説します。

 


スポンサーリンク

キャラクター解説

『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズにおけるジョースター一族の宿敵で、

第1部から登場している悪のカリスマです。

第3部で再び、DIOはラスボスとして登場します。

 

第1部では『ディオ』と呼ばれていましたが、

第3部以降では、なぜか英語表記で『DIO』と呼ばれています。

 

 

頭脳明晰で狡猾な人物。上昇志向が強いハングリー精神の持ち主です。

第1部でディオは、「石仮面」により吸血鬼と化します。

 

ジョナサン・ジョースターによって、波紋で肉体を破壊されたディオでしたが、

ジョナサンの肉体を乗っ取り、沈没する船の棺桶の中で100年間眠っていました。

 

 

第3部では、宝探しをするクルーザーに棺桶を海から引き上げられ復活します。

その後、部下のエンヤ婆から『矢』によりスタンド能力を身に付けます。

 

DIOのザ・ワールドは、時間を止める能力と引き換えに弱くなった?

ディオのスタンド【ザ・ワールド】はタロットカード21番目を暗示しています。

空条承太郎の【スタープラチナ】と同様、近距離パワータイプでパワー・スピードともに

最高クラスを誇り、精密性も兼ね備えています。

 

 

そして、【ザ・ワールド】は『時を止める』能力を持っています。

 

物語の終盤でDIOと対峙したポルナレフは、DIOの館の階段で能力の片鱗を目の当たりにしますが、

その後、ジョセフたちに「あ・・・ありのまま 今、起こった事を話すぜ!」

と説明したセリフは有名です。

 

 

さらに【ザ・ワールド】が恐ろしいのは射程距離が異常に長いこと。

承太郎の【スタープラチナ】の場合、射程距離は2~3mが限界です。

しかし、【ザ・ワールド】は射程距離が10mと近距離パワー型とは思えません。

 

承太郎と同じタイプのスタンドでありながら、

時間を止めることができて、さらに射程距離も長い

もはや完璧なスタンドとしか言いようがありません。

 

 

ところが、承太郎は『時を止める』ディオの世界に入門します。

そして、見事に打ち勝つことができました。

 

同じタイプのスタンドでありながら、

なぜ【ザ・ワールド】は、負けてしまったのでしょうか?

 

 

それは、『時を止める』能力と射程距離の長さにこだわったため、

【スタープラチナ】よりパワーが弱いのだと考えられます。

 

実際に最終決戦では、【スタープラチナ】のパンチに

【ザ・ワールド】はキックで打ち負けてしまいます。

 

【破壊力:A / スピード:A / 射程距離:C / 持続力:A / 精密動作性:B / 成長性:B】

 


スポンサーリンク

DIOの担当声優

千葉一伸【PS版 ジョジョの奇妙な冒険 (格闘ゲーム)】

緑川光    【PS版 ジョジョの奇妙な冒険 (格闘ゲーム)】

子安武人

【テレビアニメ版 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース】

【PS3ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル】

 

まとめ

【ザ・ワールド】の射程距離が長いのは『時を止める』能力に

偏りすぎたためだと考えられます。

 

そのため、【スタープラチナ】と同じタイプのスタンドでありながら、

パワー負けしたのだと考えられます。

 

 

テレビアニメ版【ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース】を

まだ見ていない方もHuluなら月額933円(税抜)で見れます!

初回登録ならば、2週間無料のキャンペーン中!

 

しかしキャンペーンなので、いつ終わるか私にも分かりません!

 

申し込むなら、お早目に!

hulu
※本ページの情報は2019年8月時点のものです。

 

最新の配信状況は Huluサイトにてご確認ください。

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク