ジョルノの恩人

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

 

今回は「ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風」、

ジョルノの恩人について解説します。

 

幼少期のジョルノを救った彼ですが、

パッショーネのボス『ディアボロ』ではないかと疑われることもありました。

果たして、ジョルノの恩人は宿敵『ディアボロ』なのでしょうか?

 


スポンサーリンク

キャラクター解説

ジョルノは、幼少期に母親から育児放棄され、義父から虐待を受けていました。

また、近所の子供達から、日本人のハーフだからといじめられていました。

 

過酷な幼少期を過ごしたジョルノは、常に人の顔色を伺う性格となり、

卑屈な性格になりかけていました。

 

 

しかし、そんなジョルノにも転機が訪れます。

下校中に石壁の影に倒れていた血だらけの男を発見します。

その男はギャングでしたが狙われていました。

 

とっさにジョルノは追手の男たちにウソをついて、ギャングの男をかくまいます。

この時、ジョルノは無意識のうちにスタンド能力を発現させて、

雑草に生命を与えて伸ばし、男の身を隠しました。

 

 

2ヶ月後、ギャングの男はジョルノの目の前に現れます。

「君がしてくれた事は決して忘れない」とお礼を言って、

その後、ジョルノを影から見守ってくれる存在となりました。

 

それ以降、自分を虐待していた義父がジョルノを虐待しなくなり、

近所の子供達も満員の映画館で席を譲ってくれるようになります。

 

 

ジョルノは「人を信じる」という当たり前の事を両親からではなく、ギャングから学びました。

ギャングの男はジョルノの心をまっすぐにし、イジけた目つきもしなくなりました。

 

 

そして、ジョルノはセリエAのスター選手にあこがれるよりも、

『ギャング・スター』にあこがれるようになります。

 


スポンサーリンク

『ジョルノの恩人』の正体はパッショーネのボス?

連載当時『ジョルノの恩人』は、ギャングということもあり、

パッショーネのボス『ディアボロ』ではないかと思われました。

 

しかし、どうやらディアボロではなさそうです。

『ジョルノの恩人』ではないとされる根拠が3つあります。

 

 

原作では『ジョルノの恩人』については、

あまりフィーチャーされていませんでしたが、

テレビアニメ版では、オリジナルストーリーが追加されています。

 

①見た目がぜんぜん違う

身体的特徴がまったく違います。

『ジョルノの恩人』は黒髪の長髪ですが、ディアボロはピンク色の長髪です。

 

また、服装に関しても『ジョルノの恩人』は、スーツにハットを被ったシンプルな服装ですが、

ディアボロは独特なすけすけセーターを着用しています。

 

②人から慕われている

『ジョルノの恩人』は街の人からも慕われています。

しかし、ディアボロは正体が謎なため、慕われている様子はありませんでした。

 

③そもそも正体を現さない!

テレビアニメ版では、『ジョルノの恩人』は街の人たちや

手下のギャングの前に姿を現していました。

 

しかし、ディアボロは正体を悟られたくないため、

組織の幹部ですら顔を知りません。

 

 

以上のことから、『ジョルノの恩人』とディアボロは

別人であることが分かりますね。

 

ジョルノの恩人の声優

白熊寛嗣  【テレビアニメ版 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風】

 

まとめ

『ジョルノの恩人』とディアボロは別人でした。

では、『ジョルノの恩人』はパッショーネに属していたのでしょうか?

 

ジョルノは、最初からパッショーネを乗っ取る気で入団したので、

もしかすると、『ジョルノの恩人』は別組織のボスかもしれません。

 

 

Huluなら【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】が月額933円(税抜)で見れます!

『ジョルノの恩人』の渋い声が聞けます。

 

今なら2週間無料のキャンペーン中!

しかし、キャンペーンがいつ終わるか不明です。

後回しにすると、キャンペーンが終了しているかもしれません。

 

申し込むなら、お早目に!

hulu
※本ページの情報は2019年5月時点のものです。

 

最新の配信状況は Huluサイトにてご確認ください。

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク