ロックバンド

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

スポンサーリンク


2016年12月19日発売のジョジョリオン(ジョジョ8部)、コミックス14巻に掲載されている

第57話「ミラグロマン その②」のネタバレです。

 

 

 

前回、57話前編では、東方常秀(じょうしゅう)が次々と増殖する

紙幣に困惑していました。

いくら使おうとしても、まったく減りません。

 

 

歩いて持ち運ぶのに限界を感じた常秀は、シフトが終わり嫌がるタクシー運転手に

5万のチップを渡し、帰宅しようとします。

 

しかし、ひょんなことから紙幣がライターの火で燃えだし、

増殖する瞬間を目撃してしまいました。

果たして常秀の運命は?


スポンサーリンク

 

 

ジョジョリオンの主人公は東方常秀だ!イケメン化でお金のスタンドを倒す

気がつくと常秀は、自宅のソファーに寝ていた。

「常秀、起きろッ!ソファーがヨダレでガビガビだ」

父、憲助が少し不機嫌そうに常秀を起こした。

 

「昨晩は、ここで寝てたのか?」

常秀は事態が飲み込めていなかった。

「ゆ、夢か・・・」

 

「あれが夢だったというのか・・・」

戸惑いながら自分の部屋に戻り、ドアを開けた瞬間・・・

 

また大量の紙幣が常秀の前に現れた。

夢なんかではなかった。

驚きの表情

これだけお金が増えると悪夢ですね!

 

シーンは変わり、とあるマンションの廊下。

両手に抱えきれないほど、大量の食材を買い込み、

玄関の鍵を開けようとする男の姿。

 

「おい。苦竹財平だな。探したぜ!」

常秀が声をかけ、探していた男というのはアイドルの握手会で

財布を忘れていた男だった。

 

「オレのことは分かるな?」

事の発端は、苦竹財平の財布を拾ってからだ。

彼の住所を突き止めた常秀は問い詰めた。

 

 

「あんたか・・・ありがとう。本当に心からありがとう。」

意外にも苦竹が発した言葉は感謝の気持ちだった。

 

苦竹は紙幣を燃やしたことを知っていた。

そして、自分の前に常秀が現れることも。

 

苦竹財平が教えるルール。ミラグロマンの紙幣はジョジョに増えていく

苦竹財平はミラグロマンの呪いについて語りだした。

紙幣を燃やしたり、破壊すると呪いが「完全に移る」。

 

苦竹は2年前にライブを観るため、ドイツのハンブルク旅行に行った。

帰りにタクシーに乗ろうとしてが、紙幣が無かったため

出来心でライブ会場の出口にいたホームレスの空き缶から一枚もらった。

 

 

それが「ミラグロマンの紙幣」だった。

少しずつ増え最初はいい気分だったが、次第に人に譲ることも

交換することも、捨てることさえ出来ずカネは、まったく減らなかった。

 

ついに苦竹は紙幣をシュレッダーにかけてしまったのが最期だった。

本当はホームレスに返却するしか方法はなかったのだ。

ノーマル

悪いことは、するものじゃあないですね!

 

実は、ホームレスの男はフリをしていて「呪い」を持って行くヤツを待っていたのだった。

それがミラグロマンの「呪いのルール」だ。

 

 

苦竹も同じ様にわざとアイドルの握手会に行き、

キャッシュカードに予測しやすい安易な番号を選択して、常秀に「呪い」を移したのだった。


スポンサーリンク

ジョジョリオンの世界では当たり前?ミラグロマンの名前の由来とは?

苦竹は2年間も待ち続けたが「呪いのルール」は街中のみんなが知っていた。

警察官、政治家、裏の人間も知っている。

 

常秀が出会った店のオーナーやタクシーの運転手、時計店の店員も全員

知っていたのだろう。誰も受け取ってくれないし、盗んでさえくれない。

 

 

【ミラグロマン】の由来は武器商人という都市伝説があり、

名前、国、時代は謎だが代々受け継がれ、世界的富豪になった。

 

しかし、ある時代に商人が長い期間の訴訟の裁判に負けて

500億ドル支払うことになった。

 

 

商人は亡くなり、手元には一枚の紙幣が残っていた。

それが【ミラグロマン】の最初の紙幣だった。

 

呪いはどこの国でも関係ない、紙幣の形を変えてくる。

そして移動するのだ。

 

苦竹にとって握手会のアイドルのポスターは、

久々に「買い物」が出来た幸せの証拠だ。

 

 

逃れるすべは誰かに渡すしかない。

買えば買うほど、増殖する。食べ物も携帯代、水光熱費さえも増やす要因だ。

 

服や靴など、苦竹は古着を恵んでもらってすごしていた。

餓死寸前で常秀に移動させたのだった。

 

 

アドバイスを終えた苦竹は、ペットボトルを手に取り、

「ありがとう。持っていってくれてありがとう。」

薄ら笑いを浮かべながら頭を下げた。

 

【ナット・キング・コール】

2つの異なる物質をつなげる能力。

 

苦竹が手にしている、ペットボトルのラベル裏には【ナット・キング・コール】で

つなげた紙幣が貼り付いていた。

 

「覚悟しな」

 

再び、苦竹に【ミラグロマン】の紙幣が戻ってきた。

ババ抜きで負けるがごとく苦竹は押し付けられた。

「持ってってくれよォーッ!ちょっぴりでいいんだよォォォー!」

 

喜び

珍しく常秀がかっこよく決めました!

 

常秀は街中を歩いている時、有名バンドの宣伝カーが走っていた。

自分には何の才能もないのに、同じ年の彼らが売れていることに

虚しさを感じていた。

 

「オレには【何が】あるっていうんだ?あいつらはオレと・・・同い年・・・」

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ミラグロマンの謎がついに解き明かされました。

最初の原因は、財布を忘れた男、苦竹財平の罠だったのですね。

お金があるのに使えないって、まったく意味がないですよね。

 

 

もしかすると、荒木飛呂彦先生は世の中の人達に

「お金がすべてじゃあないんだよ」と

訴えたかったのかもしれませんね。

 

 

お金に埋もれた苦竹財平を読むならこちらです!
eBookJapan

ジョジョラーならばコミックスとスマホ、両方で読みましょう(笑)

 

 

おそらく、苦竹財平はアイドルのファンではなかったはずです。

ポスターを買えたという事実に幸せを感じれたのでした。

人間にとって幸せとは何でしょうか?

 

そして最後に常秀が、自分に【何もない】と言ったのは

この年頃の青年には、ありがちでどこか憂いを感じましたね。

 

さて、次回58話は本編にもどります。

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク