苦悩どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

スポンサーリンク


2017年7月19日発売のジョジョリオン(ジョジョ8部)、コミックス15巻に掲載されている

第59話「ドロミテの青い珊瑚礁 その①」のネタバレです。

 

 

 

前回58話で憲助の元妻、東方花都(ひがしがたかあと)が現れました。

彼女は、15年間刑務所に服役していたのですが、理由は何だったのでしょう?

そして、花都を家の中に入れたのは常敏でした。

 

花都と常敏は、いつから連絡を取り合っていたのでしょうか?

そして、常敏は何を企んでいるのか?


スポンサーリンク

 

東方憲助の指令!定助が会う植物鑑定人の正体とは?

定助定助

憲助さん、オレェ・・・バイクの運転習いたい

何を思ったのか、定助はガレージに置いているバイクがカッコいいから

運転をしてみたいと言い出した。

 

 

ノーマル

定助も年頃の男ですからね~。バイクに憧れをもったのでしょう

 

「フフフ・・・イカすバイクだろ」

憲助は自分のバイクを褒められてゴキゲンだ。

 

バイカーにとって、バイクは女性の様な存在で

自分の彼女を褒められた気分になるからだ。

 

 

2人はガレージにたどり着き、定助の免許取得について、

憲助は真剣に考えていたのだが、定助の放った一言は・・・

 

定助定助

バイクの運転はもうどうだっていいです

憲助は、運転を教える気持ち満々でバイクにまたがり、ヘルメットまで

被っているのにもかかわらず・・・

バイク

 

泣き顔

「どうだっていいです」はヒドいっすよ~

 

 

定助が本当に話をしたかった内容は、防犯カメラの映像についてだ。

タブレットを手に持ち今朝、東方邸の果樹園が映った動画を憲助に見せた。

 

「定助?おまえいったい何をしてるんだ?」憲助は話が見えていない様子で聞き返した。

定助定助

だから、バイクの運転はもうどうでもいいです。そんなの

 

泣き顔

またバイクのことをディスってるゥ~

 

暗い果樹園の画像をよく見ると、人影が映っていた。

何者かが「ロカカカの枝」を探しているのだ。

しかし、田最 環(だも たまき)率いる岩人間たちは全員倒したはずだった。

 

名探偵、定助の推理がはじまった。

【ロカカカの実】は船便で輸入する必要があり、税関検閲がある。

田最 環たちだけでは輸入できなかった。

 

また【ロカカカの実】は1個あたり2億で売買されており、

田最 環が経営するクリーニング店の預金口座に振り込まれると

怪しまれるため使用できなかった。

 

 

定助はタブレットの画像をさらに明るくして憲助に確認させた。

果樹園に映り込んでいたのは常敏の姿だった・・・

 

 

「何の冗談なんだッ!?」

憲助は激昂するが、推理はさらにつづく。

 

常敏は、【ロカカカ】の接ぎ木の事を知っており、

森にまぎれた枝を探していた。

そして、常敏と田最 環は商売仲間で【ロカカカの実】の売買に協力していた。

 

東方フルーツパーラーの輸入ルートを使い、資金洗浄も行っていた

定助の大胆な推理に憲助は受け入れることが出来なかった。

まさか自分の息子が岩人間に加担していたとは・・・

 

 

「ロカカカ」の枝は定助にとって絶対に必要なアイテムだ。

なぜなら、命の恩人である吉良ホリーを救うためには

「ロカカカ」の等価交換を使わなくてはならない。

 

そのために邪魔するものは決して許さない。

憲助に感謝と敬意をいだいているから、あえて宣言したのだ。

 

 

迷いの表情を浮かべながら、憲助は「接ぎ木」の「枝」を見分ける技術を

持つ人物を紹介すると言った。

 

その人物は、東方フルーツパーラー4代目の憲助だけが知る「植物鑑定人」で

会社の人間や常敏にも知られていない【信用】のおける人物らしい。

 

「植物鑑定人」が作り出す商品は、特別な果実として一房68万円のブドウや

一粒2万円の梅干しなど高価格で売買されている。


スポンサーリンク

東方花都(ひがしがたかあと)と内通!常敏との過去に一体何が?

憲助は念を押して、「常敏に決して感づかれるなよ」と言いながら、

植物鑑定人の写真が入ったスマホを定助に手渡した。

 

家族では無いが、定助のことを【信用】しているから、「植物鑑定人」の情報を教えたのだろう。

定助は「植物鑑定人」の元に向かった。

 

その直後、庭にはハンモックに寝そべり

水着姿でペディキュアを塗る

東方花都(ひがしがたかあと)の姿があった。

 

喜び

52歳とは思えないスタイルですねェ~。

 

「俺の庭で何しているーーーッ」再び現れた元妻に憲助は激怒した。

花都は悪びれた様子もなく「この家の半分はわたしのもの」と言いながら

シャンパンを飲んでいる。

 

「消えろ」と吐き捨てて、憲助はその場を後にした。

花都は早速、スマホを手にして電話をかけた。相手は常敏だった。

憲助と定助が何か企んでいることに感づいたのだ。

 

定助がスマホを持っていることにも触れ【誰かに会うのかも】というヒントを与えた。

常敏には苦悩の表情がうかがえた。

 

岩人間は全滅していなかった!謎の男はフライドチキンを骨まで食べるよ

どこかの池で常敏がゴム手袋をしながら、フライドチキンを「ポイ」と投げている。

 

そして、

「ルールルルルルルルルル」

狐を呼ぶように声を上げた。

 

キョトン

北の国からですね

 

すると、常敏の背後から異様な男が現れた。

「うおおおお」っと思わず驚く常敏に、お構いなしで

フライドチキンを頬張り、ムシャムシャ食べだした。

 

彼には手足が無く、目がよどんでいた。

常敏はフライドチキンをすべて渡した。

田最 環たちが敗北したことを告げ、彼に「頼みがある」と言った・・・。

 

 

バス停で立っている定助に少年が近づいてきた。

「お兄さん、東方定助さんですか?これ・・・」

少年は【東方定助 様】と書かれた封筒を渡した。

 

定助定助

これは何だ?誰からだ?

 

少年は男の人がお駄賃をくれたから、渡せって言われただけと答えた。

 

定助は不審に思いながら、封筒の中身を太陽に照らして透かしてみると、

手紙以外の物が見えた。それは・・・【歯】だ!

人間の【歯】が封筒の中にはいっているのだ!

 

定助定助

中を開けるのはヤバイ

封筒を投げ捨てて身構えた。周りを見渡すと、遠ざかっていた先ほどの少年が振り返り

フラフラと定助の元へ歩き出した。

 

まとめ

いや~、憲助のバイクカッコよかったですよ~!

定助は、まったく興味がないようでしたが・・・

 

 

憲助さんの愛車を見たい方は、まずは試し読みでどうぞ!

eBookJapan

ジョジョラーならばコミックスとスマホ、両方で読みましょう(笑)
 

さて、常敏が怪しい行動を取り、新たな敵が登場しましたね。

岩人間の様ですが、彼は何者なんでしょうか?

そして、不気味な手紙は何を意味するのか?

 

次回、60話につづく。

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク