ストレッチャー

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

スポンサーリンク

 

 

2013年5月17日発売のジョジョリオン(ジョジョ8部)、コミックス4巻に掲載されている

第17話「レモンとみかん」のネタバレです。

 

 

前回、第16話でついに【ボーンディスウェイ】を倒した定助。

その正体とは東方家の家政婦、虹村さんでした。

 

彼女は、なんと吉良ホリー・ジョースターの娘だということも判明し

物語は急展開を迎えます。

 

 

そして、東方定助の舌と目を見せてほしいといった彼女が

確認したかったのは、眼球が4つ、舌が2つ分の「継ぎ目」が存在すること。

 

定助の正体とはいったい・・・


スポンサーリンク

 

【ジョジョ】 康穂のスタンド、ペイズリー・パークが能力開花!

警備員たちの目をごまかすため、康穂は「痛い」と

嘘泣きをしてかがみこんだ。

 

そんな康穂を尻目に警備員たちは冷たい目線で

康穂を睨みつけていた。

耐えきれなくなった康穂は、一旦諦めて病院から立ち去った。

 

 

吉良吉影の母親、吉良・ホリージョースターが何の病気で入院しているのか、

康穂には調べることが難しかった。

 

 

病院の入口付近まで来た時、タクシーの前に寄り掛かる定助の姿が見えた。

定助に声を掛けようとした瞬間、本当に足の傷が痛み出し、うずくまってしまった。

「壁の目」の場所でバイ菌が入ったのだろうか?

 

 

そんな心配をしているうちに定助の姿が消えてしまった。

その時、康穂は看護師に声を掛けられた。

「起き上がらないで!横になっていてください。」

 

 

緊急搬送の患者と間違われているようだ。

しかし、康穂の後方で口を押さえながら苦しそうにしている人がいる。

おそらく、看護師はこの人と康穂を間違えているのだろう。

 

康穂はストレッチャーに乗せられた。

「口輪筋を切ったんですね。すぐ治療してもらえるからね。ガンバって下さい!」

 

驚きの表情

いや、全然口は切ってないし!っていうか、後ろの人を助けてあげてェ!

 

タンカーの下には、康穂のスタンド【ペイズリー・パーク】が潜んでいた。

だが、彼女はまだ自分のスタンドに気づいていない。

出血の酷さを看護師に聞かれたが、自分はケガはしていないと言った。

 

 

 

その時、後ろからさっきの警備員たちが現れた。

「ヤバイ!」

看護師が「喋らないでください」と医療用のガーゼで康穂の口元を覆い隠した。

 

ノーマル

ナイスゥ!看護師ィィ!

 

おかげで康穂の顔は誰だか分からない。

警備員がジーーーっと康穂の顔を見つめていたが、何も言わなかった。

 

 

看護師が病院の入口付近で携帯を落としたようなので、ガードマンが預かっていると告げた。

後で2階の治療室で受け取ってくださいと言った。

 

治療室に連れられた康穂は、ここでしばらく待つように言われ

看護師と警備員は部屋から出ていった。

 

 

治療室のガラス越しに見えたのは、さっきまでいたホリーさんの病室だった。

どういうわけか、またここまで戻ってくることができた。

ホリーさんは医師と会話をしていた。

 

ジョジョリオンの医者もわからない!ホリーさんの病気とは?

医師「ホリーさん。本日はご体調はいかがですか?」

ホリー「はい。とても、素敵な一日でしたわ。お天気も好いし、

気持ちも晴れやか・・・よいしょ」

 

 

何かを足でグイグイ押している。

「よいしょ。よいしょ。」

その足の先には・・・看護師!?

 

 

医師「お薬はちゃんと飲まれてます?」

ホリー「ええ。いつもどおり、ちゃんとね。

ちょっと、このブーツ私には小さいみたい。入らないわ。」

 

 

康穂は、ドアからその光景を覗き込みア然とした顔をしていた。

 

キョトン

看護師の顔、イッちゃってますよ(汗)

 

医師は、このボケにのったのか「ブーツのサイズが小さかったですか?」と答えた。

ホリーさんは、皮の材質はとても気に入っていて、柔らかさと温かさはちょうどいいと言った。

「デザインや網目、ヒールの形も最高!あとはサイズだけ」だと残念そうな顔をしていた。

 

 

医師は改めて、ホリーさんに質問をした。

今までに手術をしたことはないか?特に耳や口の中の手術についてだ。

 

ホリーさんは、今まで手術を受けたことはないし、

手術痕などもないと断言した。

 

 

ベッドの下に隠していた、グラビア雑誌を持ち出して、

さっきこのかわいいモデルの女性に会ったと医師に自慢した。

(康穂のことだ。詳しくはこちらの記事で)

 

 

医師たちはホリーさんの病室を出た後、会話をしていた。

康穂はそれを聞いていたがその内容はこうだ。

 

 

「失われている。ありえない。何か所も。」

医師によると、ホリーさんの脳の一部と腎臓ひとつと肺の一部、胆のうが失われていた。

病気ではなく、人為的に奪われたようなあとだった。

 

 

ただ、奪われたという証拠がないため警察には報告していない。

ホリーさんの体の一部を奪ったのは一体だれなんだ?


スポンサーリンク

定助と吉良、二人を繋ぐつなぎ目とは?

虹村さんがホリーさんの娘だという事実を知った定助。

自分が誰なのか?その手がかりを知る彼女に問い詰めた。

 

虹村さんは、東方家には秘密がありそれを探るために潜入したと語った。

吉良家は母ホリーさんと自分しかいないと言った。

 

 

だが、定助が知りたいのはそんなことではない。

「自分が誰なのか?」

今、知りたい答えはそれだけだ。

 

 

東方家に見張られているため、ここでは説明できないと変えた。

その場所とは、またもや定助が発見された「壁の目」だった。

再び虹村さんは、定助に「壁の目」以前の記憶はないか聞いた。

 

もちろん定助には記憶が無いからそう答えるしかなかった。

彼女はレモンとみかんを手に持っていた。

そして、その2つを地面に埋めた。

 

 

虹村さんがこの事実を知ったのは、3月11日の震災以降。

この土地が隆起し始めた時だった。

しかし、東方家の人間は先祖代々この事実を知っていた。

 

 

虹村さん「あなたは心を落ち着けて受け止めるの・・・

真実なのだから・・・」

 

埋めたレモンとみかんを掘り起こし、

それぞれナイフで半分に切ると、レモンとみかんが混ざり合って融合していた。

 

 

定助はその断面を見せられ涙を流した。

激しく動揺する定助が言った「オレはいったい誰なんだ!答えろ!」

虹村さんは定助が兄、吉良吉影であることは間違いないと答えた。

 

だが、それは一部だけであって、もう一人いる。

吉良吉影と猛一人の誰かが融合した人間。

それが定助だったのだ。

 

 

そして、心も融合している。

スタンドは精神の形が反映したもの。

スタンドも2つ融合していた。

 

吉良吉影のスタンドは触れると爆発する能力。

しかし、定助の【ソフトアンドウェット】は何かを奪う能力。

 

もう一人の融合した人間は誰なのか?

東方家の人間ならば知っているかもしれない。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

定助は、なんと「壁の目」から生み出された融合人間でした。

そして、融合したうち一人は吉良吉影です。

自分の置かれた状況を受け入れられない定助は涙します。

 

 

ですが、さらにもう一人融合した人間とは誰なのか?

虹村さんいわく「東方家が何かを知っている。」

ということ。

 

今後の展開が気になります!

続きは次回、第18話で!

 

それでは、また!


スポンサーリンク