学校

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

スポンサーリンク


2013年5月17日発売のジョジョリオン(ジョジョ8部)、コミックス4巻に掲載されている

第18話「『カツアゲロード』その①」のネタバレです。

 

前回のジョジョリオン第17話で、定助の正体が判明しました。

東方家の家政婦、虹村さんが定助が埋まっていた「壁の目」の土の中に

レモンとみかんを埋めました。

 

 

すると、レモンとみかんの中身が融合していたのです。

つまり、定助は融合した人間だったのです。

 

そのうち、1人は吉良吉影でした。

そして、もう1人はいったい誰なのか?


スポンサーリンク

 

 

東方憲助さんはいい人?定助、学校に通う

朝日が昇り、また新しい一日が始まる。

仕事へ出かけたり、通学や遊びジョギングやカフェ、

食事をしたり、誰かと会う。

 

しかし、それは「帰る居場所」を知っている人々の話だ。

定助は、どこへ帰ればいいのか分からなかった。

生んだ両親も帰る場所も知らないのだから。

 

 

定助の正体は、吉良吉影だった。

定助の記憶にない吉良吉影が東方家に忍び込んで探っていた。

 

東方家の家政婦、虹村さんが実は吉良の妹だった。

東方家には家系図があり、東方家と吉良家は遠縁の親戚にあたる。

家系図についての記事はこちらをご覧ください。

 

家系図はコミックス3巻に載っています。

 

家系図には虹村さんの名前は書かれていなかった。

彼女を家系図から隠すために、吉良は東方家に潜入した。

 

 

吉良吉影は家族思いであり、悪い人間ではないように定助は思えた。

彼は一体、どんな人間だったのだろうか?

 

 

だが、それは一部であってもう一人いる。

今、考えている定助の心は吉良吉影なのか?

それとも、もう一人の誰かの心なのか?

 

定助はその答えを知っている者に対して、どんな手段を使っても

必ず答えさせてやろうと心に誓った。

 

東方常秀のレロレロは花京院のチェリー並み!?アホなセリフに定助はア然

東方家の朝がまた始まった。

虹村さんがいつもの様に朝食の支度をしている。

 

そして、東方家の人間は・・・なぜか水着!?

東方大弥「おはよう。定助ェェェーーン。イェェェェ~~ス」

大弥ちゃんが定助に抱きついてきた。

 

 

みんな、なぜか「ため息」をついていた。

その理由は、家族旅行でハワイに行く予定がキャンセルになったからだ。

だから、今日は気分でだけでも味わうために水着を着て、パンケーキを食べていた。

 

その原因とは、長女の鳩ちゃんだった。

ハワイがアメリカとは知らずパスポートを取得していなかったのだ!

誰も言ってくれなかったし、真珠湾って漢字で書くからという言い訳だった。

キョトン

なかなかイタイひとですなぁ~

 

憲助さんは、娘のバカさ加減に呆れていた。

常秀は、水着には着替えていなかった。

 

そもそも飛行機という不安なものには絶対に乗る気は無いから

ハワイには行くことは無いと断言した。

 

 

常秀は、手に持っていた牛乳の賞味期限が切れていたので、虹村さんに注意した。

憲助さんは、「牛乳は一日くらい賞味期限が過ぎても大丈夫だ」と指摘したが、

常秀は根拠のない危ない橋を渡るのはしょうがないと言った。

 

 

意外に常秀の神経質な部分を垣間見えた。

定助が突然、「憲助さん、オレ学校に行きたい。それと携帯も欲しい。」と言った。

 

すぐさま、常秀が携帯で誰と通信する気だとちょっかいを出してきた。

憲助さんは、携帯を持つのは考えるが学校へ行くことは必要だと常秀に任せた。

 

常秀は子守をするのは、嫌だと拒否しようとしたが

高校に連れて行くように憲助さんに命令された。

 

 

定助が学校へ行きたいと言った理由。

それは、学校に行けば自分の好きな物や得意なものが分かるかもしれない。

自分の人間性を調べるために言ったことだった。

 

 

憲助さんは、2人を車で高校の近くまで送り届けた。

バスの定期代を定助に預けて、常秀に乗り方を教えるように言った。

 

 

常秀は定助が自分より年下なのか試すように、数学の問題集を解かせた。

図形の五角形の内角の合計が何度あるかという問題だ。

 

定助は、アッサリと問題を解いてみせた。

それに苛ついたのか、またいつものごとく定助に絡みだした。

そして、康穂は自分の女だと関係のない話をしだした。

 

 

東方常秀「康穂はオレにキスだって許してるんだよォ・・・

レロレロレロレロレロレロレロレロ。」

 

定助は、コイツがスタンド使いなのか考察していた。

今のアホなセリフは天然なのか?

だが、東方家の人間について何も知らないので油断はできない。


スポンサーリンク

東方常秀は金にご縁あり?ようこそカツアゲロードへ

常秀は、あることを思い出した。

この道の先を行くと、支倉高校があるのだが何年か前に、この道で

カツアゲされたことがあった。

 

 

常秀は、あの時の復讐をするため定助を手伝ってやると言い出した。

「ガラの悪い高校なのか?」と定助は聞いたが

そうでも無く、偏差値は結構いいし、みんないい子だと答えた。

 

だけど、なぜかあの道でカツアゲされる。

やられる前に叩きのめそうと常秀がもちかけた。

逆にヤツラからカネを巻き上げてやろうと言い、2人はタッグを組んだ。

 

 

いたって普通の平和に見える風景。

こんなところで本当にカツアゲにあうのだろうか?

あやしい3人組が奥の方でたむろしていた。

 

 

すると1人の物腰柔らかで丁寧な口調の女性が声を掛けてきた。

 

「少しよろしいですか?勘違いでしたら本当に申し訳ないと思うし、

心からお詫びいたします。

でも、踏みましたよねェ~~~~?」

 

女性の娘が持っていたコンパクトを踏んで壊したと

常秀は言いがかりをつけられた。

女性の娘は大泣きをしていた。

 

常秀はコンパクトを踏んだ感覚など全く感じていなかった。

しかし、常秀の足にはコンパクトのシールが付着していて、

靴の跡がピッタリ一緒だった。

 

 

周囲の人間が集まって、常秀たちを取り囲んだ。

常秀は仕方なくカネを払いその場を収めた。

女性は、さっきまでの丁寧な態度とは違いふてぶてしくカネを受け取った。

 

 

常秀は、またカツアゲにあってしまった。

常秀は証拠をつかむために定助を携帯電話で撮影するアイデアを出した。

何人か集団でグルの可能性もある。

 

 

今度は、おじいさんが定助に話しかけてきた。

「ケガは大丈夫?」

定助の袖には、いつの間にか血液がついていた。

 

だが、定助の血液ではない。

おじいさんは、ペットショップを経営していて

水槽を定助が壊したと言いがかりをつけてきた。

 

 

中にいた亀がお亡くなりになったから弁償しろといいだした。

「1匹、33万円だ。」

定助は水槽は割っていないと断言したが、おじいさんは引くことはない。

 

常秀の撮影した携帯で確かめようと言った。

常秀が確認すると、定助が猛スピードで水槽に肘鉄をくらわして

水槽を破壊する映像が映っていた。

 

 

下に落ちたイチョウの葉っぱが一瞬にして、定助を動かしていたのだった。

定助が常秀に何が映っていたのか聞いてみたが、録画ボタンを押すのを忘れていたと

嘘をついた。

 

定助には、この事実を教えずに常秀は何かを企んでいた。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

カツアゲロードには行きたくね~!

って思っちゃいましたよ(笑)

 

カツアゲロードを探訪したい方はこちらをどうぞ!

 

 

しかし、相変わらず常秀は小悪党ですね。

タッグを宣言しておきながら速攻、裏切ってるし!

そして、カツアゲロードはやはりスタンド使いの仕業でしょうか?

 

本体は一体誰?

最初の女性?おじいさん?それとも怪しい3人組でしょうか?

 

続きは次回、第19話で!

 

それでは、また!


スポンサーリンク