カミソリ

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

スポンサーリンク


2012年9月19日発売のジョジョリオン(ジョジョ8部)、コミックス3巻に掲載されている

第11話「家系図」のネタバレです。

 

 

前回の第10話で、なんとか大弥ちゃんに勝利した定助は、

奪われた記憶を取り戻すことができました。

 

 

そして、ついでに大弥ちゃんも上手く、手なづけて(笑)

憲助さんに行ってはいけないと言われた2階へ向かうのでした。

2階には憲助さんの書斎があり、東方家のマークは出版社のものでした。

 

 

そして、書斎にはあの第7部、スティール・ボール・ラン・レースに

関する書籍が存在しました。


スポンサーリンク

 

 

ツルツルだッ~!定助、髭剃りを体験する

東方家の朝が始まる。

定助はベッドのマットレスの下で圧迫されながら寝ていた。

圧迫感が足りないので上にイスをのせていた。

 

マットレスから這い出しながら、器用に服を着替える。

東方定助「ムニャ」

 

 

家政婦の虹村さんが、みんなの朝ごはんを準備していた。

眠そうに部屋から出た定助。

 

大弥ちゃんが「おはよう」とあいさつし定助によく眠れたか尋ねたが、

もう少し、マットレスの圧迫感がある方が好みだと文句を言った。

 

 

大弥ちゃんは、定助に靴下を穿かせて欲しいとせがんだが、

「今忙しい」と一蹴されてしまった。

半べそをかいている大弥ちゃんを見て、憲助さんは違和感を感じていた。

 

 

洗面所では、長女の鳩ちゃんと次男の常秀がいた。

常秀がヒゲを剃っているのを、定助は興味津々にじ~と眺めていた。

「終わったら使うか?」と常秀が言った。

 

 

シェービングフォームを常秀に出してもらい、定助は手で受け止めた。

ペロッと泡を舐めて、顔に付けた。

 

 

 

そして、ググッとカミソリをおもいッきり押し当てた。

鳩ちゃんは、定助に記憶がないから危ないと止めようとした。

だが、常秀は面白半分に放っておいて見ててみようと言った。

 

ノーマル

常秀は相変わらずクズですなぁ~

 

 

定助は、グググッ~とカミソリを押し当て下から上に突き上げた!

鳩ちゃんは見ていて痛々しい気持ちになっていが、

定助は「ん~~。いい感じィ」と言った。

 

 

さらにガリガリ音を立てながら、スベスベの顔に大満足の定助だった。

剃り方を思い出したかもしれないと常秀にお礼を言って、洗面所をあとにした。

 

 

洗面所には、無数のシャボン玉が浮いていた。

2人は呆気にとられていたが、常秀の顔にシャボン玉が当たった。

 

 

定助の【ソフトアンドウェット】がヒゲソリの摩擦を奪い、ヒゲをシャボン玉に吸着させていた。

常秀の顔にはヒゲが変な風に付着して、バカボンみたいな顔になっていた。

 

そして、鳩ちゃんの顔にもシャボン玉がついて割れた。

彼女の額には「肉」の様な文字が描かれ、ヒゲヅラになっていた。

 

 

二人ともお互いの顔を見ながら、笑っていたがヒゲが取れないことに

焦る鳩ちゃんだった・・・

 

ジョニィ・ジョースターがご先祖様!今、明かされる吉良吉影の正体とは?

朝食を食べていた定助が、大弥ちゃんに「醤油を取ってくれない?」と言うと

大弥ちゃんは定助の元まで持っていき、わざわざかけて上げた。

 

憲助さんは、またまた違和感を感じた。

昨日までは、大弥ちゃんが有利に立っていたはずなのに

今は反対に定助に手なづけられている。おかしい・・・

 

 

シーンは昨日に戻る。

定助は、大弥ちゃんと共に憲助さんの書斎に忍び込んだ。

 

書斎には、ある本が置かれていた。

「スティール・ボール・ラン・レース全記録 (初代 東方 憲助著)」

 

 

著者は、東方家のご先祖様で跡取りは代々「憲助」を襲名するらしい。

今の当主、憲助さんが4代目だ。

 

ノーマル

歌舞伎のシステムみたいですね。

 

 

スティール・ボール・ラン・レースについての説明が本には記載されていた。

1890年9月25日カリフォルニア、サンディエゴ・スタートし、

 

1891年1月19日ニューヨーク・マンハッタンゴールまで、

全走行距離6400kmのたった一度だけ開催された馬による北米大陸横断レースだ。

 

 

全世界からの参加者総数は3652名、完走者数39名、優勝賞金60億円。

レース結果は、1位ポコロコ、2位ノリスケ・ヒガシカタ、3位スループ・ジョン・B。

 

定助は、大弥ちゃんの先祖が2位でゴールしていたことに関心した。

しかし、このレースと吉良吉影についての関係性がまだ分からなかった。

 

 

本の巻末には、東方家の家系図が載っていた。

レースの本に家系図とは奇妙だと感じたが、じっくり眺めてみた。

 

 

初代東方憲助には、息子と娘がいた。

息子の方が、現東方家の直系の先祖だ。

 

そして、娘の名は理那。彼女はアメリカ人と結婚していた。

結婚相手は、第7部の主人公ジョニィ・ジョースター。

ジョニィ・ジョースターとノリスケ・ヒガシカタの娘、理那が結婚していたのだ!

 

 

そして、ジョースター家の家系図をたどると謎が解けた。

吉良はジョースター家の子孫だった。


スポンサーリンク

承太郎の存在はどこへ?鍵を握る人物、吉良・ホリー・ジョースターとは?

吉良吉影は、吉良吉輝とホリー・ジョースターという人物の息子だった。

彼は東方家と遠縁ではあるが、血の繋がりがあった。

 

 

定助は、念のために携帯電話で家系図の写真を撮った。

大弥ちゃんは今まで父や兄から、そんな事実を聞いたことが無かった。

とりあえず用は済んだので2人は部屋をあとにした。

 

 

定助は吉良吉影の身内について調べた。

父親の吉良吉輝はすでに亡くなっていたが、

母、吉良・ホリー・ジョースターは生きている。

 

 

検索すると、彼女は医者で現在はTG大客員教授をしているらしい。

大弥ちゃんには内緒で吉良・ホリー・ジョースターに会えば、

何か分かるだろうと定助は考えていた。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

吉良吉影はなんと、ジョニィ・ジョースターの子孫でした。

しかも、東方家と血縁関係にある。

 

 

さらにジョジョの家系図は、アメトークでも取り上げられましたが

今までのジョースター家の家系図とは違います!

なぜなら、空条承太郎の部分が吉良吉影に変わってしまっているのです。

 

じゃあ、承太郎はどこに消えてしまったのでしょうか?

承太郎は、どこかで登場するのでしょうか?

 

 

う~む・・・荒木先生は一体に何を考えているのでしょう?

これは、今後の展開が読めないですね~。

 

 

さて気になる続きは次回、第12話で!

 

それでは、また!


スポンサーリンク