桟橋

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

スポンサーリンク


2016年7月19日発売のジョジョリオン(ジョジョ8部)、コミックス13巻に掲載されている

第52話「ビタミンCとキラークイーン その③」のネタバレです。

 

 

 

前回、51話では【ロカカカ】の枝を接ぎ木していたことが

田最環(ダモカン)たち、岩人間にばれてしまった吉良吉影と空条仗世文。

 

スタンド【ビタミンC】の前に吉良吉影の【キラークイーン】ですら

まったく歯が立ちませんでした。

 

果たして吉良吉影と空条仗世文は

ダモカンたちから逃れることはできるのでしょうか?


スポンサーリンク

 

空条仗世文が思い出す。母の裏切り

ダモカンが千円札を折り曲げ、ピンッと張りなおした。

吉良吉影の背中に千円札を当て、シュッとバターの様に切り取った。

「ぐえっ!ああぁぁあああ!」

 

 

吉良吉影の姿を見て、恐れる仗世文。

2人の携帯電話を取り上げ、写真のデータやメールのやり取りを探すが

【ロカカカ】の情報は見当たらない。

 

見つからないように用心深く行動している。

岩人間たちを出し抜こうとしているその考えが「生意気」だと

ダモカンの逆鱗に触れた。

 

携帯電話を仗世文の顔に投げつけ、海の中へ落ちていった。

今度は、仗世文の足を千円札でカットした。

「うあああああああッ」

驚きの表情

ダモカン容赦ないッス!

 

ダモカンは、これから1人だけを許してやると言った。

条件は【ロカカカ】の枝を【接ぎ木】した場所を喋ること。

千円札を仗世文のこめかみに刺し、揺さぶりをかけた。

 

「ホリーはお前の母親じゃあない。君が先に言ったほうがいい。

吉良に先に喋られちゃうぞォ~」

指で千円札の端をチョンチョンと押しながら囁きかけた。

 

 

仗世文は幼い頃、海で溺れた時のことを思い出していた。

「助けてママ・・・」と訴えたが母親は仗世文を

助けずに消えてしまった。

 

いつも見捨てられてきた。

自分から「見捨てる」のも同じか。

そんな考えが仗世文の中にあった。


スポンサーリンク

ダモカンを巻き込み大爆破!ジョジョリオンの吉良吉影はメチャいいやつ!

「仗世文!おまえは先に逃げろ!」

吉良吉影は、さらに続けた

「仲間が来る・・・備えろ。体が動けるようになったら逃げろ!」

 

「お前らは絶対に追い詰める。接ぎ木の場所を喋れだと?

逆だよッ!お前らのフルーツは全部オレたちがいただくッ!」

強気な発言をする吉良吉影。

 

 

しかしダモカンたちは、彼らが「二人組」だと調査済みだった。

ハッタリをかましているのだと思った。

辺りを見渡しても、それらしき人物は見当たらない。

 

 

「おまえらは何ひとつ知らない。オレのことを読めてもいない。」

そう言うと、作並カレラがフラフラ、ヨットに向かって歩いてきた。

「わたしのこと呼んだあ?嬉しい・・・これセッちゃん(仗世文のこと)のでしょう?」

 

カレラをスタンドで取り押さえる八木山夜露(やぎやまよつゆ)

なぜか、海に落ちた仗世文の携帯電話をカレラが持っていた。

 

 

吉良吉影は「備えろ、仗世文!逃げろよ!」

状況がまったく読めていないカレラ。

カレラがここに来たことを理解できない仗世文。

 

「すまなかったな仗世文。おまえを巻き込んでしまった。

おまえは何も悪くない。いいな。」

 

 

吉良吉影は、カレラの髪の毛に【シアーハートアタック】を隠していた。

大爆破を引き起こし、桟橋ごと吹き飛ばした。

 

泣き顔

8部の吉良吉影は、メチャかっこいいッス!

 

吉良吉影への償い。空条仗世文は吉良母子の救いになりたい。

ダモカンたちは船体の破片を防ぎなら、なんとか重症を免れた。

爆風で住宅の窓ガラスは割れ、衝撃は電線を揺らせていた。

 

 

仗世文は爆発のスキに吉良吉影を引きずりながら丘へ逃げていた。

吉良吉影の瞳孔は開き、意識はもう無い。

 

仗世文は泣きながら、

「さっきオレは喋ろうとしていたんだよ、きっとおそらく喋っていた。」

反応のない吉良吉影に仗世文はひたすら謝り続けた。

 

 

仗世文がたどり着いた先は、【ロカカカ】の接ぎ木の前だった。

「ヤツらが来る前に1個食べよう」

 

【ロカカカ】の実をもぎ取り、吉良吉影の口元に持ってきたが

吉良吉影はもう動かなかった。

 

 

なんとかピンチを乗り切ったダモカンたちは目的を変更した。

【ロカカカ】をあきらめて、吉良吉影と仗世文を倒すこと。

 

傷を負っているので、【ロカカカ】を食べに現れると予測し、

愛唱と双子も呼び捜索することにした。

カレラは爆破した桟橋の下で震えながら、身を隠していた。

 

 

反応に応じない吉良吉影に仗世文は【ソフトアンドウェット】で

【ロカカカ】を小さく砕き、口元へ入れ込んだ。

 

生体反応が無かったはずの吉良吉影の体が

ガダガダガダと動き始めた・・・

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

仗世文を思う、吉良吉影の発言や行動は泣けます!

第4部の吉良吉影と第8部ではエライ違いですね~(笑)

もしかすると、吉良吉影は空条承太郎の生まれ変わり?

 

そんな考察もできますね!

また機会があれば記事にしたいと思います。

 

 

仗世文の切ないシーンは必見!ebookjapanで確認しましょう!

ebookjapan マンガを毎日読もう!

ebookjapan マンガを毎日読もう!
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

 

 

そして瞳孔が開き、天に召されてしまった様に見える

吉良吉影は生き返ることが出来るのでしょうか?

 

次回53話に続く

 

それでは、また!


スポンサーリンク