バス

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

スポンサーリンク


2015年7月17日発売のジョジョリオン(ジョジョ8部)、コミックス10巻に掲載されている

第42話「ドゥービー・ワゥ その④」のネタバレです。

 

 

 

前回の第41話で、【ドゥービー・ワゥ】から逃げるために

バスに乗り込んだ康穂とつるぎちゃん。

 

しかし【ドゥービー・ワゥ】の追跡は止まりません。

どこまでも執拗に追いかけてくるスタンドに対して、

康穂が取った行動とは・・・?


スポンサーリンク

 

 

恋人の裏切り。大年寺山愛唱はかわいそうなヤツだ

その場所には、眺めの良い丘でトスカーナ風の八角形建築の小さな家が建っていた。

愛唱はかつて、その家で恋人と半同棲していた。

 

 

恋人と仲良くイチャつく愛唱。

この人になら・・・という思いで愛唱は自分の秘密を打ち明けた。

 

 

いつも実家に帰ると言い、一ヶ月くらい会わない時があった。

それはすべてウソで本当は一度眠ると一ヶ月間、目が覚めない。

 

そして皮膚が岩のように硬くなり、周囲のことには全く気づかず、

眠り続けてしまう特殊な体質だと話した。

 

 

また寿命は長くて毎日、通学が出来ないため学校に行っているのもウソ。

学歴をごまかして資格を取っていることを明かした。

 

彼女は、それを聞いて「そんなことかぁーッ」と笑い飛ばし、

何事も無いように愛唱にハグした。

 

 

しかし、愛唱が一ヶ月の眠りについている間、

彼女は家に他の男を連れ込んでいた。

何も知らない愛唱は、ベッドの下で岩となって眠り続けていた。

 

 

嫌な思い出がよぎる愛唱。

【ドゥービー・ワゥ】は自動追跡型のスタンドで敵を倒すと

本体の元に戻ってくるが、まだ帰ってこなかった。

 

 

敵は自動追跡に気づいたのかもしれないが、

【ドゥービー・ワゥ】の能力は、敵には破れないという強い自信があった。

 

自動追跡型スタンドは手強い!ドゥービー・ワゥには勝てない!?

康穂は雑誌をクルクルとメガホンの様に丸めて、先端から息を吹き込んだ。

彼女の吐く息に反応して、雑誌の反対側から【ドゥービー・ワゥ】が

入り込んだ。

 

 

【ドゥービー・ワゥ】が雑誌に絡みついている間に

バスの窓から身を乗り出して、雑誌ごと車外に放り出した。

 

ノーマル

良い子は危ないから、マネをしないでねッ!

 

急いで窓を閉めたが、わずかな隙間から、また車内に入り込もうとしていた。

やはり自動追跡型のスタンドからは逃れられないッ!

今のうちに深く呼吸をして、息を止めて走ろうと決断した。

 

 

つるぎちゃんが車の折り紙を折って放ったあと、

2人はダッシュでバスから降りた。

 

襲ってきた【ドゥービー・ワゥ】によって、バスの窓はバリバリに割れて

バスの乗客は、何が起きたのか分からない表情でキョトンとしている。


スポンサーリンク

八木山夜露は命の恩人!愛唱が夜露を慕う由来

愛唱を起こす声が聞こえる。

「窒息するぞ。目を覚ませ。愛唱。」

 

 

愛唱が目を覚ますと、八角形のオシャレな家は取り壊されていた。

目の前には八木山夜露がいて、彼が愛唱の命を救った。

 

自分の秘密を打ち明けたことで、彼女に土地の権利書を奪われた。

そして権利書を金に変えられ、逃げられてしまった。

愛唱にとって、安全な場所はもう失くなってしまった。

 

 

命の恩人である夜露を思い出す愛唱。

彼のことを慕っていたが、もう逢えないという予感はしていた。

その時、愛唱は東方常敏の姿を目撃した。

 

東方常敏にセリフ無し!【ペーパームーンキング】の禁じ手とは?

必死で息を止めて走る、康穂とつるぎちゃん。

呼吸ができない苦しさ!

しかし、【ドゥービー・ワゥ】は確実に小さくなっている。

 

 

消防署の前まで来た2人は、救急車に積まれている酸素ボンベを見つけた。

酸素吸入器のマスクをつけて呼吸をしてみる。

すると、竜巻は消えた。

 

と思いきや次の瞬間、康穂が着けていた酸素マスクの内側に竜巻が現れ、

口元が割かれてしまう。

 

 

康穂はダメージを受けながら【ペイズリー・パーク】で酸素マスクごと

パンチを食らわせるが、竜巻の勢いは止まらない。

もう逃げ切ることは不可能だ。

 

 

その時、2人の前に常敏が現れた。

常敏を尾行していた愛唱が後ろにいた。

常敏の息子が自分を尾行していたことに怒りを覚える愛唱。

 

 

夜露が亡くなっていたら許さないと言い、常敏に責任を取らせようとした。

つるぎちゃんを始末する「許可を出せ!」と胸ぐらをつかむ愛唱。

だが、常敏は何も話さない。

 

 

つるぎちゃんの元にバスの中で折った、折り紙の車が帰ってきた。

東方つるぎ「これで勝った!【ペーパームーンキング】、

禁じ手だけどやらなきゃ、やられていた。」

 

 

つるぎちゃんは、折り紙の車を愛唱の元へ向かわせた。

愛唱は【ペーパームーンキング】で町を走るすべての「バス」が

東方常敏に見えるように幻覚を見せられていた。

 

愛唱はバスを追いかけて、2人の元にたどり着き、

バスに向かって会話をしていたのだ。

 

 

今の愛唱の目には、何人もの常敏が歩いているように見えていた。

バスが何台も道路を往来しているためだ。

ア然とする愛唱だったが次の瞬間、ダメージを食らって体が岩となりバラバラに砕け散ってしまった。

 

 

つるぎちゃんの禁じ手。

それは、幻覚を見せて人を傷つけてしまうこと。

 

9歳の少年にとって、辛いことだが「やらなきゃ、こっちがやられる」、

だから、禁じ手を使わずを得なかった。

 

 

愛唱は、自らバスに飛び込み自滅するような形となった。

岩人間は、致命傷を与えられると岩石化してしまう。

バスのタイヤに踏み潰されて、愛唱は小石となってしまった。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

ついに大年寺山愛唱を倒した康穂とつるぎちゃん。

でも、何だか愛唱の過去シーンを見てると彼女に裏切られて

かわいそうでしたね。

 

挙句の果てにバスに踏み潰されて小石になってしまう切なさ・・・

岩人間は、社会に適応しようとヒッソリ生活しているのが

敵だけど慎ましい印象をもちました。

 

 

愛唱の過去シーンを読むならebookjapanでどうぞ!

ebookjapan マンガを毎日読もう!

ebookjapan マンガを毎日読もう!
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

 

 

愛唱を撃退した康穂とつるぎちゃんは、この後いったいどうなる?

そして謎のフルーツ、ロカカカを手に入れることはできるのでしょうか?

 

 

つづきは次回、第43話で!

 

それでは、また!


スポンサーリンク