パクパク

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

スポンサーリンク


 

ジョジョ第8部、前回のネタバレ

 

第22話でジョニィ・ジョースター伝説をペットショップのじいさんから聞いた

定助は、ジョニィの妻、理那がかかった病がホリーさんの病気と

類似していることに気づきます。

 

 

 

一方、「壁の目」で杜王町の歴史について調べる康穂。

「瞑想の松」付近に穴が空いている事に気づき覗き込むと

何者かに腕を掴まれて引きずり込まれます。

 

新たなる敵の登場か!?


スポンサーリンク

 

康穂をさらったのは東方つるぎちゃん!ダジャレ炸裂で年齢に疑問?

「瞑想の松」で何者かに引きずり込まれた康穂。

気がつくと部屋の中にいた。

 

そして、その部屋の中には東方憲助さんの孫で

長男、常敏の子供つるぎちゃんが座っていた。

 

 

広瀬康穂「つるぎちゃん・・・ここはどこ?」

東方つるぎ「飲みますか?

豆乳を投入。凍らしたコーラ」

 

驚きの表情

寒っゥ~!

 

康穂はガン無視でドアから出ていった。

廊下に出て確かめると、そこは地下室だった。

東方家の敷地にある地下室・・・一体なんのために?

 

 

地下室にはレトロなおもちゃやアンティークな絵、服などが飾られていた。

昭和を彷彿させる、その部屋のオブジェは東方家のコレクションルームなのだろうか?

 

康穂は、つるぎちゃんがここで何をしているのか聞いた。

そして、なぜ自分の手首を引っ張って引きずり込んだことも。

 

つるぎちゃんにバレる!杜王町の新聞が見つかる!

 

しかし、つるぎちゃんは逆に康穂が、なぜ「瞑想の松」で

家を覗き東方家を探っているの聞いた。

広瀬康穂「ドキッ!!」

 

 

震災の後、地面が隆起して崩れたときに地下室の通気口と

「瞑想の松」の洞がつながった。

つるぎちゃん以外は、その事を知らない秘密の洞だった。

 

 

つるぎちゃんは、突然折り紙の「パクパク」で遊びだした。

東方つるぎ「ひ・ろ・せ・や・す・ほっ!何が好き?選んで。」

 

 

 

パクパクには、文字が書かれていて康穂は、バナナを選んだ。

東方つるぎ「そんなバナナぁぁ~。開くと何か書かれて

いるのかなぁあ」

 

驚きの表情

やっぱ寒っゥ~!

 

中には新聞と書かれていた。

東方つるぎ「はい。じゃあ新聞あげますね」

 

康穂が持っていた、ジョニィについて書かれた記事のコピーを

つるぎちゃんが持っていた。

康穂は慌てて新聞のコピーを奪い返した。

 

 

つるぎちゃんは、康穂が東方家のことを探っていることを指摘した。

康穂は、別に覗いたり探ったりしているつもりはないと答えた。

 

自分でも何がしたいか分からないが、彼に会うことが出来ないから、

心配なだけだと言った。

 

 

彼とはもちろん、定助のことだ。

定助のことをつるぎちゃんに聞いたが、ガン無視で

またパクパクを始めた。

 

 

東方つるぎ「ひ・が・し・か・た・つ・る・ぎ!

わたしの好きな食べものはぁ~~~~~

ケーキ屋は好景気やっ!」

 

パクパクを開くと、「髪の毛」と書かれていた。

そして、康穂にちょうだいと言った。

 

今度は康穂の番だから、ちょっとでいいから

いい匂いをしてるからちょうだいと言い出した。

 

 

康穂の髪の毛をクンクン嗅いで新聞のことを恩に着せてせがんだ。

ちょっと引いている康穂は、パクパクを取り上げて

中に何が書かれているか開いてみた。

 

中には、「スニーカー、おやつ、パンティ、携帯、つば」などが

書かれていた。

 

 

康穂は、つるぎちゃんの後ろにあったスニーカーを回収して帰ると言った。

しかし、ポケットを探ると携帯が無い!

 

 

携帯を返すように言うと、「本当に最初から持っていたの?」と

すっとぼけて見せた。

 

康穂は、その態度に怒りを感じてつるぎちゃんの体を触り確かめた。

すると、あることに気づく・・・

つるぎちゃんは女の子じゃあないッ!!

 

東方家は代々、魔除けを信じていて長男が生まれると病気の魔物を騙すために

「12歳」まで女の子格好で育てられる。

つるぎちゃんの父、常敏も祖父、憲助さんも同じ様に育てられた。

 

 

康穂は、驚いて触ったことに謝った。

しかし康穂は帰ると宣言して、

念のため、この事はつるぎちゃんのお母さんに報告すると言った。


スポンサーリンク

ゴマミツカフェってどこ?東方定助はごま蜜団子が好きで4つ食べる!

携帯はどこに行ったのだろう?

その時、康穂のスタンド【ペイズリー・バーク】が無意識に発動した。

 

【ペイズリー・バーク】は定助の後ろに現れた。

東方定助「そうだ!今、気づいたが通話じゃなく、メールなら

送れるかもしれない。」

 

 

常秀の携帯をゲットした定助だったが、常秀は康穂に着信拒否されているため

通話できなかった。定助にメールというアイデアを気づかせたのは、

【ペイズリー・バーク】の能力なのだろう。

 

 

メールの文章

【オレ常秀じゃあない。だ~~れだ?

夕方「ゴマミツカフェ」でダンゴを食べよう。4玉。】

 

 

 

送信ボタンを押す定助。

すると、着信音がカーペットの下から聞こえてきた。

 

康穂は、カーペットの上から探るがどこにも見当たらない。

どこにも無いのに着信音だけが鳴っている。おかしい・・・

 

 

カーペットをめくるがやはり携帯は無い。

すると、カーペットの上に置いていた折り紙に気づく。

 

 

康穂が折り紙をめくると、そこにはカエルの形に折られた

折り紙の様な携帯電話があった。

 

そして、カエルの形をした携帯電話はピョンと跳ねて

康穂の顔に飛びついた。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

つるぎちゃんのギャグは寒すぎですよ~!

呆れ果てた管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】でした(笑)

 

つるぎちゃんの寒いギャグを読みたい方はこちらをどうぞ!

ebookjapan マンガを毎日読もう!

ebookjapan マンガを毎日読もう!
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

 

そして、つるぎちゃんが男の子ということが分かり、

スタンド使いだというのも判明しました。

 

折り紙のようになった携帯には一体、どんな能力があるのでしょう?

続きは次回、第24話で!

 

それでは、また!


スポンサーリンク