チョコラータ

スポンサーリンク

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

 

今回は「ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風」、

チョコラータについて解説します。

 

チョコラータは、相棒のセッコと共に、

ディアボロの切り札として登場しますが、

本当に恐ろしいのはスタンド能力ではありません。

 

 

ディアボロも恐れる彼の能力とはいったい・・・

 


スポンサーリンク

チョコラータとセッコは最凶のゲスだから強い

『パッショーネ』のボス、

ディアボロの切り札の一人、チョコラータです。

 

相棒のセッコとは、常にコンビを組んで行動します。

チョコラータは元医者でしたが、医療ミスで病院を解雇されます。

 

 

しかし、実際には医療ミスではなく、健康な人を病気と診断して

勝手に手術したり、麻酔を弱くして手術中の患者を目覚めさせたりする、

マッドサイエンティスト。

 

さすがにボスのディアボロも、チョコラータとセッコのことを

ゲス呼ばわりして、かなり警戒しています。

 

 

チョコラータとセッコは、ジョジョ5部で最もヤバいコンビです。

チョコラータはセッコの大好物である角砂糖を投げつけて、

上手に口でキャッチできると「よーしよしよしよしよしよしよしよしよし」と撫で回します。

 

ムツゴロウさんの様に褒める姿は、

まるでペットと主人の様な関係性です。

 

 

ちなみにテレビアニメ版ではシルエットのみでしたが、

暗殺チームのソルベを輪切りにした犯人はチョコラータだったのです。

 

チョコラータは、組織を裏切ったソルベの身体を生きたまま輪切りにし、

相方のジェラートは、眼の前で見せられて恐怖のあまり、

猿ぐつわを飲み込んでしまい窒息してしまいます。

 

 

その後、輪切りのソルベをホルマリン漬けにしたものを

36枚の額縁に分けて暗殺チームに送りつけます。

暗殺チームのメンバーもさすがにビビって、しばらく大人しくなってしまいました。

 

チョコラータの行動は、暗殺チームを脅かすほど常軌を逸しています。

スタンド能力よりも、その行動がヤバイ人間だと言えます。

 

チョコラータはジョジョ5部で最凶最悪のスタンド能力

チョコラータのスタンド名は【グリーン・デイ】

頭部や頚部に無数のパイプのようなものがあります。

パイプから生物の身体をグズグズにするカビを無差別にばらまきます。

 

 

カビが増殖するキッカケは、現在いる場所より低い場所に移動することです。

例えば坂道を下ったり、足元の物を拾おうとしゃがんだりしてもカビは増殖します。

 

 

また、カビの繁殖スピードは早く、一瞬で全身を蝕まれます。

残忍なチョコラータの性格が反映だと言えます。

 

また自分の体をバラバラにし、傷口をカビで覆うことで止血することも可能。

物陰に隠れて攻撃するときに利用できます。

 

【破壊力 – A / スピード – C / 射程距離 – A / 持続力 – A / 精密動作性 – E / 成長性 – A】

 

テレビアニメ版、チョコラータの声優予想

テレビアニメ版、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』では、

まだセッコとチョコラータは登場していません。

 

そこで私、管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】が声優予想をしてみました。

チョコラータの異常な行動性とマッドサイエンティストです。

 

 

そうすると、思い浮かぶのはあの人・・・

ドラゴンボールのフリーザやブリーチの涅マユリを演じた

中尾隆聖さんではないでしょうか?

 

いや、もうこの人しかいないでしょ?(笑)

 

※2019.05.14追記

残念ながら、私のチョコラータ声優予想は外れて、

宮内敦士さんに決まりました。

 

 

石野竜三【PS2 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風】

内田直哉【PS3ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル】

宮内敦士【テレビアニメ版 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風】

 

まとめ

暗殺チームを脅かすほど異常なチョコラータの行動。

もしかするとスタンド能力を使わず、ソルベとジェラートを

追い詰めたのかもしれませんよ。

 

 

テレビアニメ版【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】で

セッコとチョコラータ戦はもうすぐHuluで見れるかも!

月額933円(税抜)で今なら2週間無料のキャンペーン中!

 

 

しかし、キャンペーンがいつ終わるか不明です。

後回しにすると、キャンペーンが終了しているかもしれません。

 

申し込むなら、お早目に!

hulu
※本ページの情報は2019年3月時点のものです。

 

最新の配信状況は Huluサイトにてご確認ください。

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク