ギャング

スポンサーリンク

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

 

今回は「ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風」、

ペリーコロについて解説します。

 

ペリーコロさんは、スタンド使いではありません。

しかし、ギャング組織パッショーネの幹部として君臨していました。

彼は、なぜスタンドを持たないにも関わらず幹部になれたのでしょう?

 


スポンサーリンク

キャラクター解説

ギャング組織「パッショーネ」の幹部。

ペリーコロとは、イタリア語で危険という意味です。

 

ペリーコロさんは背がかなり低く、4・5部に登場する広瀬康一くん並みの身長。

右目が斜視気味の小柄な老人でスタンド能力は持っていません。

 

 

初登場は、ブチャラティチームがポルポの遺産を手に入れたときに現れました。

ペリーコロさんはポルポの遺産を組織への上納金として受け取り、

ブチャラティを幹部に昇格させます。

 

そして幹部に昇進したのと同時に、「ボスの娘であるトリッシュを護衛しろ」

という指令を与えました。

 

 

次に現れたのは、ヴェネツィアへ向かうブチャラティチームに最終指令を伝えるため、

アバッキオのスタンド【ムーディー・ブルース】のリプレイで再登場します。

 

トリッシュの引き渡し方法について、ボスが記録したディスクの隠し場所を教えた後、

証拠隠滅のために自ら拳銃で頭を撃ち抜いて亡くなりました。

 


スポンサーリンク

ペリーコロさんがスタンドを持たなくても幹部になれた理由とは?

ギャング組織『パッショーネ』は、スタンド使いを誕生させる「弓と矢」を所有しています。

『パッショーネ』のボス、ディアボロは幹部のポルポにスタンド使いを生産させて

組織を拡大させました。

 

しかし、幹部であるペリーコロさんはスタンドを持っていません。

なぜ、ディアボロは彼をスタンド使いにしなかったのでしょうか?

 

 

その理由は忠誠心が強いから、スタンド使いにする必要がなかったのかもしれません。

ペリーコロさんは、最後のセリフでこの様な言葉を残しています。

「ボスのおかげで十分に充実した、実り豊かな人生を楽しませてもらった」

 

この事から、ペリーコロさんは組織に対して忠誠心が強いことが分かります。

また『矢』で射られると、必ずスタンド使いになるわけではありません。

スタンド使いになれなければ亡くなってしまいます。

 

 

ディアボロは忠誠心の強いペリーコロさんを亡くすのが惜しいと考えて、

スタンド使いにしなかったのかもしれません。

 

しかし最後には自分に対して忠誠心を誓っていた部下ですら、

証拠隠滅のため犠牲にするディアボロは、吐き気をもよおすほどの悪ですね。

 

ペリーコロさんの担当声優

辻親八  【テレビアニメ版 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風】

 

まとめ

ペリーコロさんは、組織『パッショーネ』への忠誠心が強いから、

スタンド使いにする必要がなかったのかもしれません。

 

ディアボロが一目ほどの忠実なペリーコロさん。

『矢』で射られて、亡くすのは惜しいと考えたのではないでしょうか?

 

 

テレビアニメ版【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】で

ペリーコロさんをまた見たい方はHuluなら月額933円(税抜)で見れます!

今なら2週間無料のキャンペーン中!

 

 

しかし、キャンペーンがいつ終わるか不明です。

後回しにすると、キャンペーンが終了しているかもしれません。

 

申し込むなら、お早目に!

hulu
※本ページの情報は2019年3月時点のものです。

 

最新の配信状況は Huluサイトにてご確認ください。

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク