果樹園

スポンサーリンク


どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

 

2018年7月19日発売のジョジョリオン(ジョジョ8部)、コミックス18巻に掲載されている

第72話「東方家の北。果樹園」のネタバレです。

 

 

前回、第71話のネタバレ記事はこちらです

 

ジョジョリオン、第71話のあらすじ。

康穂ちゃんの過去シーンでスタンド能力に目覚める前、岩動物に遭遇。

 

 

 

そして、康穂ちゃんの命を救ってくれたのは

ホリーさんと吉良吉影でした。

 

 

定助と康穂ちゃんの目的は完全に一致し、命の恩人である

ホリーさんを救うため、新たな決意をするのでした。


スポンサーリンク

岩人間さん大集合!全滅したあの方たちも野球が大好き?

東方家では、一見いつもと同じ様な朝が繰り返されていた。

違うのは廊下に置いてある大きなカバン。

 

憲助さんがカバンに足を引っ掛け、「誰のだァ~?」と尋ねると

常敏が自分のバッグだと答えた。

 

家族全員が父、憲助さんにあいさつする。

 

ノーマル

さすが東方家。礼儀が正しいですね!

家族が朝食を食べている間に、常敏は防犯カメラの電源を切った。

 

 

常敏の回想シーン・・・

 

 

父と一緒に野球場へ応援している晴天バーディーズの

試合を観戦していた。

 

常敏は父に対し、不満をもらした。

バックネット裏の席で球場側に席を用意してもらえなかったからだ。

以前、東方フルーツパーラーは果物業界で全国1位だった。

 

 

明治から杜王町と社会に貢献し続けたが、ここ最近では力が弱くなりはじめていた。

東方家はもっと強くならなくてはならない、という常敏の思いに対し、

憲助さんは何がしたいのかと聞いた。

 

 

常敏は輸入ルートを強化し、デザート・オリーブオイル・果物加工品などを

安く輸入して販売することを提案した。

 

 

しかし、憲助さんは許可しなかった。

生花とフルーツだけは、祝いや不幸の時などに贈ることができるものだ。

 

東方家を守ってきた当主として、こだわりがあり譲れなかった。

フルーツは特別なものとして、良い品物だから信頼を得ているという自負があった。

そのためにはフルーツは近くに置き、目をかけなくてはならない。

 

 

常敏は時代の変化を捉える必要があるという考えのため、憲助さんと意見は食い違っていた。

フルーツ屋に強さはいらないという言葉を残し、憲助さんは球場を後にした。

 

 

 

納得できない思いをしていた常敏に対し、声を掛けてきた男がいた。

建築士の八木山夜露(やぎやま よつゆ)だった。

彼は今回、東方家の新築依頼を受けていた。

 

一緒に一杯飲みながら観戦しようと常敏を誘った。

横には他の岩人間たち、大年寺山愛唱(だいねんじやま あいしょう)と

双子のエイフェックス兄弟がいた。

 

おそらく、これが常敏と岩人間たちの初めての出会いだったのだろう。

 

防犯カメラの録画機が切れた状態で、常敏は東方家の庭にカバンを持って現れた。

東方家の為に常敏は、カバンの中に入った【オゾンベイビー】を埋めた。

 

植物鑑定人の本領発揮!スタンド能力でロカカカの接ぎ木を探せ

定助と豆銑礼(まめずくらい)さんは、東方家の地下室を移動していた。

地上にいるかもしれない敵を避けるためだが、定助は岩人間の八木山夜露が

地下通路のことを知っていたので、不安を感じていた。

 

 

しかし、これから通り抜ける通路は特級品の果物を収穫するための道で

憲助さんと豆銑礼さんしか知らない秘密のルートだ。

 

秘密のルートを通っている時に定助が気づいた。

定助定助

康穂ちゃんがついてきていない・・・

豆銑礼「彼女なら自分の家へ帰ったぞ」

 

キョトン

定助気づくのが遅くない?

 

岩動物の髪留めのことについて前回思い出していた。

吉良吉影に破壊された髪留めを本棚の箱にしまってあり、

 

岩動物の成分を調べようとしていた。

岩人間の正体が分かるかもしれないと思ったからだ。

 

 

地上に繋がるハッチを開けて、そ~っと外を覗いてみた。

定助は手に持っていたケースを豆銑礼さんに渡した。

2人はハッチの隙間から、庭を覗き込んだ。

 

 

豆銑礼さんは、ひと目見て接ぎ木したロカカカの木を判別した。

絶対に忘れないようにと言ったが、定助にはまったく区別出来なかった。

 

接ぎ木の区別をするため、ケースの中身を取り出した。

蛾の幼虫が入っていて、スタンド【ドギースタイル】で腕を伸ばし

ロカカカの枝にくっつけた。

 

蛾の幼虫には、ロカカカの成長を促進させる効果があり

12日後には果実が収穫できるようになった。

 

 

12日間、定助たちは隠れて過ごし果実を回収すれば

ミッションは完了だ!


スポンサーリンク

東方つるぎが犠牲に!オゾンベイビーのスタンド能力は謎だ!

常敏がガレージでプアートムについて詮索していた。

【オゾンベイビー】射程距離内に入った定助たちを倒した後、

どうやってロカカカを手に入れるつもりなのか?

 

ロカカカの枝は、植物鑑定人の豆銑礼さんしか区別はつけられない。

プアートムは一体、何を考えているのだろう?

 

その時、ガレージに息子の東方つるぎちゃんと愛犬の岩助が現れた。

「パパにお話があるんだけど・・・」

 

つるぎちゃんは、常敏が【オゾンベイビー】を

果樹園にコソコソ埋めていたのを目撃していた。

あれは、一体なんなのかと質問した。

 

 

常敏は、つるぎちゃんが果樹園に近づいたのか問い正した。

もし近づいていたら【オゾンベイビー】の攻撃を受けているかもしれない。

つるぎちゃんは、果樹園には近づいていないと答えた。

 

 

ガレージのドアを閉めるように言い、常敏が東方家の呪いについて語りだした。

常敏はつるぎちゃんより、少し上の年齢で病気になった。

しかし常敏の母、東方花都(ひがしかた かあと)のおかげで治すきっかけができた。

 

 

もし、つるぎちゃんが病気になったら、自分が必ず「治して」やると宣言した。

そのため、庭に【オゾンベイビー】を埋めたから近づかないように念を押した。

 

 

その時、ガレージに置いていたポリタンクが急激にベゴンと内側に変形した!

つるぎちゃんは耳の奥の痛みを訴え、岩助は異常に吠えだした。

常敏は鼻血を吹き出している。

 

 

明らかにおかしな現象が起きているッ!

洗剤の容器もすべて空気が抜けるようにつぶれていった。

 

つるぎちゃんは慌てて岩助とドアの外に飛び出そうとした。

常敏が止めようとしたが外に出た瞬間、岩助とつるぎちゃんは吐血して倒れた。

 

まとめ

今回は、常敏と岩人間たちとの出会いが描かれていました。

憲助さんと意見が対立する常敏は、岩人間と共感できる部分があったのでしょう。

しかし、岩人間も野球は好きなのでしょうか?

 

 

もしかすると、愛唱は以前、エースのあーくんにロカカカを売っていたので

本当に晴天バーディーズのファンかもしれませんね。

 

でも、エイフェックス兄弟はサッカーボールのスタンドだから

野球ファンではなさそう(笑)

 

 

eBookJapanならいつでも、どこでもスマホで「ジョジョ」を読むことができます。

eBookJapan

ジョジョラーならばコミックスとスマホ、両方で読みましょう(笑)

 

 

そして、東方家では【オゾンベイビー】のスタンド攻撃が始まりました。

でも、庭に近づいたわけではないのに常敏たちがダメージを受けてしまいました。

 

 

次回、第73話のネタバレ記事はこちら

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク