ワックス

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

スポンサーリンク


ジョジョ第8部、前回のネタバレ

第36話でクワガタ戦の第2局が始まりました。

 

体の小さな常敏のクワガタ、ローゼンベルグは一見弱いのかと思いきや、

強力なアゴで定助のパラワンに大ダメージを負わせます。

 

 

 

そして、昆虫とは思えない奇妙な動き。

常敏が何かを仕掛けている可能性が・・・


スポンサーリンク

 

 

クワガタ相撲に靴のワックス?東方常敏は自分のコレクションにも残酷!

東方常敏はバレないようにクワガタを操作している。

まるで機械の様な動きで、パラワンの脚を正確に奪い取った。

 

 

その時、定助はローゼンベルグからドロリとした

液体が流れ落ちるのを確認した。

ローゼンベルグは、パラワンの脚をアゴで挟み込んで体を持ち上げる。

 

もう一本も引きちぎられそうになったが、

定助のスタンド【ソフトアンドウェット】の

小さなシャボン玉でバレないようにガードしていた。

 

 

パラワンが土俵から落ちて、試合が終了したかと思われたが

試合時間の45秒が過ぎていたため、引き分けだった。

 

 

常秀が凝りもせず、定助をバカにしようとしたが、

常敏にジロリと睨まれたので、

 

東方常秀「圧倒的に良い闘いだったなぁ~。

パラワンは素晴らしい動きで判定なら勝ってたぞォーッ」と

心無い応援を始めた。

 

 

インターバルで定助は間違えて、常敏の筆を取り指摘された。

常敏が「何か気になることでもあるのか?」と言ったが、

「パラワンにダニが付いているもので」と自分の筆に持ち変えて払った。

 

定助の行動を怪しみながら、彼が持っていた筆を手に取り、常敏はローゼンベルグの体をハケで払った。

定助は、常敏が怪しんでいることを言い返し、さっきローゼンベルグの背中から流れ出た

ドロドロの液体について指摘した。

 

 

常敏は臆することなく「ワックス」だと答える。

革靴や野球のグローブを磨く時に使うワックスを

脳中枢の箇所にドライバーで穴を開けて詰め込んでいた。

 

 

ワックスが溶けてくると、神経に作用して痙攣的な動きをする。

穴を開けられたローゼンベルグは、20分くらいすると天に召されてしまう。

だが常敏には、そんなことは何の問題もないと平然と答えた。

 

 

兄、常敏の残酷な言葉にさすがの常秀も引いていた。

自分のコレクションに心が傷まないのだろうか?

 

やはりそうだった!東方常敏はスタンド使いだ!

ラウンド2が始まった!

ローゼンベルグの動きが早く、パラワンに近づく。

 

 

戦っている最中、定助のシャボン玉が部屋の温度計の前で弾けた。

温度計は60度を指していた。

 

定助は、さっき常敏の筆先に触れたときに熱さを感じた。

推測から常敏のローゼンベルグから温度を奪いとった。

その温度が60度だったのだ。

 

 

ワックスが高温で溶けるのは分かる。

だが60度という熱源はどこから来ているのか?

 

 

ローゼンベルグのワックスが溶け出し、スピードが増した。

パラワンの修理したアゴや羽根は砕け散った。

 

定助は土俵上の温度を調べたが普通だった。

温度が上がっているのは、ローゼンベルグの一部分のみ。

 

 

ローゼンベルグがパラワンに激突!

前脚も吹っ飛び、満身創痍になったパラワンは防御反応を取り、

仰向けになり、ひっくり返った。

 

その時、常敏の背後にスタンドが現れた。

温度操作は能力で、クワガタ戦の裏側はスタンドバトルだったのだ。

定助は見えてないフリをしてやりすごした。


スポンサーリンク

定助のパラワン強し。常敏のクワガタが大暴走!

東方常秀「兄さん、オレもうッ!がまんできないッ!叫んじゃうぞッ!

ローゼンベルグの勝利だァッ!スゲェーッ!

グロ注意!グロ注意!」

 

 

ノーマル

こいつ、「グロ注意!」気に入っとるなぁ~!

 

常秀は、足元にある虫かごを蹴り飛ばしてしまった。

虫かごには、常敏が「勝ちグセ」をつけるために倒したスズメバチが入っていた。

 

虫かごについて、常敏に怒られる常秀。

「え?オレが?」常秀には身に覚えがなかった。

 

 

すると、毒針のついた下半身が見当たらない。

よく見ると、定助の横の席に置かれていた。

不敵な笑みを浮かべる定助。

 

 

ローゼンベルグの様子が急におかしくなった。

ぐるぐる回転したり、土俵のい草に噛みつき痙攣していた。

 

 

定助は筆を持ちながら、「さっきパラワンに付いていたダニは見間違いだった。

少なくともオレの方には」と常敏に向かって言った。

 

ローゼンベルグの穴という穴から、何か液体が流れ出た。

そして、パラワンが起き上がりローゼンベルグのボディをアゴで挟み込んだ。

 

 

ローゼンベルグ爆裂!

飛び散った破片が常秀の顔に飛び散った。

 

 

定助は常敏の筆を手に取ったとき、スズメバチの毒を仕込んでいた。

そして、その筆で常敏はローゼンベルグの体を払ったので、

ワックスのために開けた穴から毒が入り込んだのだ。

 

 

悔しさのあまり、常敏は筆を床に投げつけた。

東方定助「最初から負ける気はしていない。

ランボルギーニ・ガヤルド、頂戴感謝いたします!!」

 

ランボルギーニのキーを握りしめて、ドアを開けた定助を

呼び止めた常敏は「中へ戻れ」と命令した。

だが、定助のミッションはすでに終了していた。

 

 

シャボン玉でランボルギーニのキーを包み込み、

廊下の開いている、窓からつるぎちゃんに引き渡した。

これでドライブレコーダーを調べることが出来る。

 

 

定助が何らかの計画を持って、この部屋に現れたのに常敏は気づいてしまった。

彼の尋問が始まろうとしていた。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

ついに常敏にローゼンベルグを倒した定助のパラワン。

実は、気づかないところでスタンドバトルになっていました。

そして、見事ランボルギーニのキーをゲットしました。

 

 

そして、定助が何らかの意図を持って現れたことに気づく常敏。

常敏が完全に気づく前につるぎちゃんと康穂はドライブレコーダーから

八木山夜露の情報を探すことが出来るのでしょうか?

 

常敏とのクワガタバトルを振り返るなら、スマホで電子書籍が一番!

ebookjapan マンガを毎日読もう!

ebookjapan マンガを毎日読もう!
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

 

 

続きは次回、第38話で!

 

それでは、また!


スポンサーリンク