ツェペリ男爵

スポンサーリンク

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

 

今回は、「ジョジョの奇妙な冒険」第1部、

ウィル・A・ツェペリについて解説します。

 

ツェペリ男爵は第1部において超重要なキャラクターです。

彼はジョナサン・ジョースターに波紋法の師匠です。

 

また、ツェペリ家は第2部にも登場しており、

ジョナサンの孫であるジョセフにも影響を与えています。

 


スポンサーリンク

 

キャラクター解説

「ジョジョの奇妙な冒険」第1部に登場。

ディオ・ブランドーとの激闘後、ジョナサンの前に現れたツェペリ男爵。

彼はディオが生きていることをジョナサンに伝えます。

 

 

ツェペリ男爵は吸血鬼を倒すための技、波紋法を身につけており、

ジョナサンの師匠となるキャラクター。

 

蝶ネクタイ・シルクハット・スーツ姿が特徴。

口ひげを生やしていて、自分で男爵と名乗る変わり者。

 

 

ツェペリ男爵は、若い頃に考古学者をしていました。

父親と共に遺跡発掘隊を引き連れて世界中を旅していました。

その時に石仮面を発見します。

 

 

帰国途中の航路でツェペリ男爵の父親が、石仮面を被り吸血鬼になってしまいました。

発掘隊は全滅し、残るはツェペリ男爵だけの状態。

絶体絶命のピンチで朝日が昇り、ツェペリ男爵の父親が日光を浴びたことで消滅します。

 

それから、ツェペリ男爵は石仮面の対抗策を探す旅に出ます。

そして辿り着いたのがチベットの奥地で出会った「波紋法」でした。

師匠老師トンペティに波紋法を教わり修行をします。

 

ツェペリ男爵の最期の能力、究極奥義(ディーパスオーバードライブ)とは?

ジョナサンの師匠だけあって波紋の技は、かなり豊富です。

 

ズームパンチ

腕の関節を外すパンチ。波紋で痛みを和らげて行います。

ジョナサンの得意技。

 

波紋カッター
ワインを口に含ませてブーメラン状に飛ばす技。

 

仙道波蹴(ウェーブキック)

通常、波紋は拳で叩くことが多いのですが、こちらはキックバージョン。

 

山吹き色の波紋疾走(サンライトイエローオーバードライブ)

もっともオーソドックスな波紋のパンチ。

 

生命磁気への波紋疾走

木の葉を集めて、グライダーの様にして飛ぶ技。

波紋は吸血鬼を倒すだけでなく、鳥人間の様に飛ぶこともできるのです。

 

波紋乱渦疾走(トルネーディオーバードライブ)

タルカス戦で使用した回転蹴り。

 

深仙脈疾走(ディーパスオーバードライブ)

ツェペリ男爵の究極奥義。

自分の運命を受け入れたツェペリ男爵が、自分の全生命エネルギーを重症のジョナサンに渡します。

 

首の骨が折れていたジョナサンでしたが見事に回復し、さらにパワーアップを果たします。

しかし、代償としてツェペリ男爵は命を失うのでした。

 


スポンサーリンク

スピードワゴンとツェペリ男爵の関係性

冒険の当初、ツェペリ男爵はスピードワゴンの事を見くびっていました。

すぐに逃げ出す弱いやつだと思いこんでいたのです。

スピードワゴンもまた、彼のことを「ツェペリのおっさん」と呼んでいました

 

しかし、スピードワゴンはディオの気化凍結法によって

凍らされたツェペリ男爵の腕を一生懸命に溶かそうとします。

それから、2人は歳は離れていますが親友となります。

ツェペリ男爵が亡くなった後、彼のシルクハットはスピードワゴンが受け継ぎました。

 

ツェペリ男爵の名言集

「パパウパウパウ、フヒィーン」

名言と言うよりは擬音。

「波紋カッター」を発射した時の音。

これぞ、ジョジョの擬音というべき意味不明な擬音です(笑)

 

「人間讃歌は勇気の讃歌ッ!!人間の素晴らしさとは勇気の素晴らしさ!!

いくら強くてもこいつら屍生人は「勇気」を知らん!ノミと同類よォーッ!!」

ジョジョのテーマである人間讃歌をキャラクター自身が語ったセリフ。

 

ツェペリ男爵の声優

ゲーム版とテレビアニメ版では、かなり声優さんの声質が違います。

好き嫌いは分かれるかもしれませんね。

 

小山力也  【PS2「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」】

塩屋翼      【TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」】

 

まとめ

ジョナサン・ジョースターの師匠であるツェペリ男爵。

彼がいなければディオを倒すことはできなかったでしょう。

 

 

彼の究極奥義、ディーパスオーバードライブによって、

ジョナサンはパワーアップを果たします。

 

私はツェペリ一族の自分を犠牲にしても、

ジョースター家を導こうとする彼らの行動が大好きです。

ジョジョ7部のジョニィとジャイロの関係性も素敵です(^^)

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク