どうも!

影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

 

今回は「ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風」、

ティッツァーノについて解説します。

 

ティッツァーノのスタンド【トーキング・ヘッド】は、

人にうそをつかせる能力です。

 

 

キョトン

なに?そのショボい能力・・・

しかし、ナランチャジョルノは想像以上に追い詰められました。

なぜ、そんな事態になったのでしょうか?


スポンサーリンク

キャラクター解説

『パッショーネ』のボス、ディアボロ直属の親衛隊。

ブチャラティチームがボスを裏切った後、

相棒のスクアーロと一緒にヴェネツィアで襲いかかります。

 

ティッツァーノの意味は、ルネサンス期に最も活躍した

ヴェネツィア派の画家の名前です。

 

 

冷静沈着で判断力の優れた頭のキレるキャラクターです。

キレやすいスクアーロの頭脳として、ジョルノとナランチャを追い詰めた知略家です。

ボスを裏切ったブチャラティチームを始末するためにスクアーロと共にナランチャを襲います。


スポンサーリンク

 

ティッツァーノの【トーキング・ヘッド】は最弱スタンドだ!

ティッツァーノのスタンド名は【トーキング・ヘッド】

遠距離タイプのスタンドで人の舌にとりつき、反対のことしか言えないようにします。

つまり、うそつきにする能力です。

 

また、とりついた人間の舌を操ることもできます。

ベロンと伸びて蛇口を開いたりも可能。

ちょっと、長く伸びすぎだろうと思いますが(笑)

 

 

ナランチャは仲間から孤立し、ジョルノは重傷を負います。

その決めてとなったのは、スクアーロのスタンド【クラッシュ】でした。

【クラッシュ】はサメ型のスタンドで、水がある場所では瞬間移動も可能。

 

ジョルノは【クラッシュ】に噛みつかれて、水中に引きずり込まれたのです。

つまり、ティッツァーノはスクアーロがいなければ、

ナランチャにソッコー負けていたはずです。

 

 

また、スクアーロもスタンド自体は強いのですが、

短気でブチ切れやすい性格のため、作戦を練ったりするのは苦手です。

 

スクアーロとティッツァーノはコンビを組んで、やっと1人前のスタンド使いです。

お互いに弱い部分を補い、初めて力を発揮します。

だから、あんなにベタベタしてあやしい関係性なのかも(笑)

 

【破壊力 – E / スピード – E / 射程距離 – B / 持続力 – A / 精密動作性 – E / 成長性 – E】

 

ティッツァーノのアニメ担当声優は津田健次郎さん

石野竜三    【PS2 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風】

津田健次郎 【テレビアニメ版 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風】

 

まとめ

ティッツァーノのスタンド【トーキング・ヘッド】は、

相手をうそつきにするだけの弱いスタンドです。

 

しかし、スクアーロとコンビを組むことで力を発揮する強力なスタンドとなります。

スクアーロとティッツァーノは2人で力を合わして、1人前となるスタンド使いです。

 

 

テレビアニメ版【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】で

ティッツァーノの最弱スタンドをHuluなら月額933円(税抜)で見れます!

今なら2週間無料のキャンペーン中!

 

 

しかし、キャンペーンがいつ終わるか不明です。

後回しにすると、キャンペーンが終了しているかもしれません。

 

申し込むなら、お早目に!

hulu
※本ページの情報は2019年3月時点のものです。

 

最新の配信状況は Huluサイトにてご確認ください。

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク