財産

スポンサーリンク


どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

 

今回はジョジョの奇妙な冒険、第5部のアニメ「黄金の風」第5話

「ポルポの遺産を狙え!」のネタバレです。

 

アニメを見逃してしまいネタバレを知りたくない方は、huluをご覧ください。

huluならテレビの再放送を待たなくても、すぐに見れます。

 

huluの登録はこちらから

 

 

前回、第4話でジョルノはポルポの入団試験【ポルポテスト】を受けていました。

ライターの火を24時間、消さないという試験ですが失敗します。

 

前回、Episodio 04「ギャング入門」のネタバレ記事はこちら

 

そして、ポルポのスタンド【ブラック・サバス】に襲われました。

広瀬康一くんと共闘して、なんとか倒したジョルノ。

 

 

ジョルノは見事、ポルポの入団試験に合格しますが、

自分の行動で掃除のおじいさんが亡くなっことを悲しみました。

 

 

そして、ポルポを許せなかったジョルノは留置所にあった拳銃をバナナに変形させます。

ポルポはバナナを食べようとした瞬間、

引き金を自ら引き、お亡くなりになってしまいました。

 

 

ちなみにリアル版【ポルポテスト】がただいま開催中です。

2018年11月21日までなので早めにチャレンジしてくださいね!

 

こちらの記事に攻略方法が書いてあるのでご覧ください(笑)

※2018年11月3日現在

 


スポンサーリンク

 

ブチャラティが隠した?パッショーネの幹部、ポルポに隠し財産の噂

ギャング組織、パッショーネのトップにはボスがいます。

ボスは信頼する右腕の参謀としか、連絡は取らない用心深い人物です。

 

そして、イタリアのギャングは目立つことを嫌うため

見た目は一般市民と変わらず、表の仕事を持っていたりします。

 

 

通常、ブチャラティ達の様な下っ端は6~10人くらいのチームに分けられています。

まず、そのチームに入って縄張りの中で仕事をするのです。

その中には「ヒットマン」チームや「クスリ」を扱う危ないチームもあります。

 

ボスに近づくためには、まず信頼を得ること。

そのためにジョルノ達は、まず力をつけなくてはいけません。

ここで少しだけオリジナルストーリー。

 

 

街中のギャングの間では、ポルポについて色々な噂が飛び交いました。

「ボスを裏切ったから始末されたのでは?」

でも「ポルポはボスからの信頼は厚かったから違う」とか。

 

 

ギャング組織「パッショーネ」の一員、マリオ・ズェッケロは車の運転をしながら、

助手席に座る謎の男と会話をしていました。

 

 

「ポルポの隠し財産」についてです。

ポルポが刑務所に服役する前に持っていた財産。

組織にも言えないヤバイ金で、その額は50億リラと言われています。

 

※現在ヨーロッパで通貨は、ユーロに統一されていますが、

物語は2001年が舞台となっているため、イタリアリラで表現されている様です。

ちなみに日本円の価値で言うと、50億リラは3億円くらいみたいです。

 

 

謎の男はポルポの体で遺産を隠すことは出来ないはず、

誰か信頼できる人物に隠させたのではないかと予想しました。

そして、ポルポが最も気に入っていたのはブチャラティだったのです。

 

 

話を聞いたズッケェロは運転の最中に突如、姿を消しました。

ブチャラティを狙う新たな敵の予感です。

 

ブチャラティチーム登場!アバッキオのアバ茶は美味な味!?

ブチャラティには現在、4人の部下がいます。

4人はカフェでお茶をしていました。

 

子供の様な見た目のナランチャ

彼は小学校もまともに行っていなかったため、算数の勉強をしていました。

 

 

ナランチャに勉強を教えているのがフーゴ

知的な印象を持つ彼は、ナランチャが勉強を教えてほしいと言ったので、

掛け算の指導をしていました。

 

まずは、九九からです。

ナランチャは、6×5=30と答えることができました。

次は2桁の掛け算です。

 

 

ショートケーキの数にイチャモンをつけだしたのはミスタ

彼は数字について、こだわりが強く「4」という数を異常に嫌います。

テーブルの上には4つのショートケーキが置かれていました。

 

「4つ」のものから選ぶのは縁起が悪い。

彼は子供の頃、近所で子ネコが「4匹」生まれて

友だちが、その子ネコに目玉を引っかかれて失明したのを見ました。

 

 

フーゴは、そんな迷信を信用していませんでした。

ミスタが「4」という数字について、熱弁している間に

ショートケーキをお皿に取ったのがアバッキオ

 

彼は何も話さず、ヘッドホンで音楽を聞きながら

黙々とお茶を飲んでいました。

 

 

ナランチャが16×55の答えを書いて、フーゴに見せました。

答えは・・・28?

 

フーゴ「何これ・・・?」

フーゴはテーブルに置いていたフォークを手に取り、

ナランチャの右頬に突き刺しました。

 

さっきまでの知性的な態度とは一変。

フーゴ「このクサレ脳みそがぁッ~~~!!」

さらにナランチャの髪の毛を掴み、テーブルに叩きつけます。

 

 

ちなみにマンガ版でフーゴは「このド低脳がァーッ」と言いながら、

ナランチャにキレていたのですがアニメ版では、

この表現に問題があったのでしょうね。

 

今度はナランチャがフーゴの喉元にナイフを突き立てます。

いやあ、なかなかアブナイチームですね(笑)

 

 

その時、ブチャラティがジョルノを連れて現れました。

店の外まで聞こえるほど、叫んでいたため

周りに迷惑がかかると一喝します。

 

 

ジョルノが自己紹介をすると、フーゴとナランチャが仲直りをし、

ミスタはお茶をすすり、アバッキオはヘッドホンを聞いて何も反応しません。

4人はジョルノのことをフル無視しました。

 

ブチャラティは4人の態度にブチ切れます。

その時、店側にブチャラティは呼ばれ席を外しました。

 

 

アバッキオは紅茶が入ったティーポットを手に取り、

ジョルノに見えないよう、スボンのところまで引き寄せました。

そして、何と自分のおしっこをティーポットの中に入れていたのです。

 

アバッキオはジョルノにお茶(?)を注ぎ、飲むように勧めました。

ジョルノ「いただきます。」と口元まで持ってきた瞬間、

ヤバイ臭いが・・・

 

 

マンガ版では有名なアバッキオが入れたお茶、通称アバ茶ですね。

4人が見守る中ジョルノは、なんとアバ茶を飲み干しました。

実はスタンド能力で歯の一部をクラゲに変化させたのです。

 

クラゲは体の98%が水分で出来ているため、アバ茶を吸収させたのでした。

キョトン

唇にアバ茶がついてるんじゃあないのォ~?

とツッコミどころは満載なのですが、スルーしておきましょう(笑)

 

 

ブチャラティが戻ると何か騒がしい様子。

どうやってお茶を消したのか?

 

4人はジョルノの能力に興味津々です。

ブチャラティは、ジョルノが人から認められる才能があるのだと感じていました。

 


スポンサーリンク

ポルポの遺産を手に入れろ!ブチャラティがパッショーネの幹部になる

ここでまた少しオリジナルストーリー。

ブチャラティは、チームのみんなを引き連れてヨットが停泊した船着き場まで来ました。

 

 

ブチャラティは、ある場所に向かうためヨットをレンタルしました。

ここでミスタが気にしたのは、ヨットに書かれている数字です。

「4」と書かれたクルーザーは「絶対に沈むから止めてくれ」とブチャラティに懇願しました。

 

 

幸い、自由に選択できるため、ブチャラティは2番のヨットを選びました。

その時、ナランチャは店に置かれていたジュースやお菓子を買い込み、

遠足気分で船に積み込もうとしていました。

 

 

ヨットを出発させたブチャラティチーム。

目的を聞かされないまま、チームのメンバーだったのですが、

ミスタがしびれを切らして、ブチャラティに尋ねました。

 

 

陸も遠くなったし、ブチャラティは全員に打ち明けました。

今からカプリ島に向かい、ポルポの遺産を回収すること。

 

その隠し財産の場所はブチャラティだけが知っていて、

総額なんと100億リラ、その金を元にブチャラティは

幹部の座を手に入れようとしていたのです。

 

 

チームのメンバーはブチャラティへの信頼が厚く、

いつか彼が幹部になると思っていたのですが、

まさかの急展開に驚きを隠せずにいました。

 

 

その時、デッキの上にいたナランチャが叫び声を上げて突如、姿を消しました。

ブチャラティが気づき、駆け寄ると彼の姿はありませんでした。

小さなボックスの中にナランチャの靴だけが取り残されていたのです。

 

ナランチャを探すメンバーたち。

ミスタがデッキの下に降りると、声が聞こえなくなりました。

異変に気づいたフーゴがミスタに呼びかけると今度はミスタがいなくなったのです。

 

 

さらにミスタを探して追いかけようとしたフーゴの声が突然、聞こえなくなりました。

ブチャラティは、フーゴを追いかけますが姿はありません。

残っているのは、ブチャラティ・ジョルノ・アバッキオの3人のみ。

 

明らかに敵スタンドの攻撃を受けているブチャラティたち。

お互い離れないように声を掛け合いました。

ナランチャたちはやられてしまったのか?

 

 

しかし、ジョルノは彼らが生きていると確信していました。

なぜなら、ジョルノはナランチャが残した靴を「ハエ」に変化させて、

彼の居所をつかもうとしていたからです。

 

亡くなっていれば、ハエはナランチャを探そうとはしませんが、

ハエは船室の入口あたりをグルグル飛び回っていました。

でも、なぜかナランチャを見つけることは出来なかったのです。

 

ハエが飛び回っているところに敵スタンド使いも一緒にいる可能性が高い。

しかし、敵の能力を見破らない限りは勝てない。

 

 

ブチャラティはアバッキオのスタンド能力ならば、

倒せるかもしれないと呼びかけました。

 

しかし、アバッキオは拒否します。

信用できないジョルノの前でスタンドを使いたくない。

アバッキオにとって、スタンド能力を知られることは安全に関わる問題だったからです。

 

 

ジョルノはその言葉を聞き、アバッキオに謎を解いてもらうため、

自らハエに向かって突っ込んでいきました。

 

すると、ナイフの様なものを持ったスタンドが現れ、

ジョルノの背中を突き刺したのです。

 

 

アバッキオはジョルノのクレイジーな行動に驚きましたが、

ついにスタンドを出現させたのです。

 

まとめ

ついにブチャラティチームが登場しました。

第5部のキャラクターは、特に女性ファンへの人気が高く

楽しみにされている女性陣も多いのではないでしょうか?

 

私が先日、ジョジョ展東京に行った時も女性ファンが第5部の

ブチャラティチームについて熱く語っていましたよ(笑)

 

 

そして、ポルポが持っていた遺産の在り処を知っていたのは、やはりブチャラティでした。

しかし、新たな敵の出現によりブチャラティチームは、ほぼ壊滅状態。

果たして、彼らは無事にカプリ島へたどり着けるのでしょうか?

 

 

huluなら月額933円(税抜)で

【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】が見れます!

初回登録ならば、2週間無料のキャンペーン中!

 

しかしキャンペーンなので、いつ終わるか分かりません!

「後でもいいや」と考えて逃してしまうのと、

キャンペーンで得をするのは、どちらが良いでしょうか?

 

申し込むなら、お早目に!

hulu
※本ページの情報は2018年12月時点のものです。

 

最新の配信状況は huluサイトにてご確認ください。
→次回、Episodio 06「ムーディー・ブルースの逆襲」です

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク