どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

スポンサーリンク


 

 

6/21(木) 【荒木飛呂彦原画展 JOJO冒険の波紋】の

記者会見内で原作者の荒木飛呂彦先生の口から

ジョジョの奇妙な冒険、第5部にあたる

 

「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」の

TVアニメ化決定が発表されました!!

 

ファンの間では「ジョジョのアニメ第5部は、

いつからやるんだよぉぉ~!」

と待ちわびる声が上がっていました(笑)

 

放送は、2018年10月から予定されています!

7/5(木)にはキャストが発表されます。

 

 

そしてジョジョのアニメ第5部、一話目の先行上映イベント

「ジャパンプレミア」が開催されます。

 

こちらのイベントは、地上波で放送前に見れるスペシャルイベントなのです!

「ジャパンプレミア」は抽選となっており、私もしっかり応募しました(笑)

 

 

ところで前作の第4部「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」終了から

1年以上の間隔を空けてアニメ化となりました。

 

今までのジョジョシリーズと比較すると放映までインターバルがかなり長く感じます。

ではなぜ、このタイミングで第5部のアニメ化に踏み切ったのでしょうか?

その理由とは一体何でしょう?

 


スポンサーリンク

 

【ジョジョ第5部】アニメの絵は大丈夫なの?気になる完成度は?

ジョジョといえば独特なタッチですが、発表された

アニメと漫画を比較すると絵と色が変わった印象を受けます。

 

発表されたキャラクターは、ジョルノを含む【ブチャラティチーム】6人です。

まず大きな特徴は、目や口元、首などの影がかなり濃く描かれています。

 

そしてまつ毛が長めで女子力が高そうです(笑)

あと目の形が少し鋭利な印象ですね。

 

配色も違いがあり、ジョルノの服装はピンクベースに仕上げており、

原作とは違う雰囲気です。

 

 

もしかすると、マンガより濃いかもしれません(笑)

しかしクオリティは高く、その完成度には期待できますよ。

 

ジョジョアニメ史上、最高傑作になる予感がプンプンします!

 

【ジョジョ第5部】アニメの声優は誰になる?7/5(木)にキャスト発表!

アニメのキャストは、7/5(木)に発表されます。

発表前に私、影吉良吉が勝手にキャストの予想を立ててみました(笑)

 

 

私の予想では、PS3で発売されたゲームから

キャストが選ばれる可能性があると思います。

近年、発売されたのは以下のゲームです。

 

「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」

「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」

 

ただしゲームのキャストが、すべて選ばれるとは思えません。

そこで私なりに予想を立ててみました。

 

メインキャラクター ゲーム版 アニメ版(影吉 良吉予想)
ジョルノ・ジョバァーナ 浪川大輔 朴璐美
ブローノ・ブチャラティ 杉山紀彰 ゲーム版と同じ
レオーネ・アバッキオ 楠大典 神谷浩史
グイード・ミスタ 赤羽根健治 伊藤健太郎
ナランチャ・ギルガ 三瓶由布子 ゲーム版と同じ
パンナコッタ・フーゴ 小田久史 ゲーム版と同じ

 

ブチャラティ、ナランチャ、フーゴはゲーム版と同じ。

 

主人公のジョルノは、PS2で発売された

「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風」でジョルノ役を演じた朴璐美さんが復活!

 

アバッキオは、進撃の巨人でリヴァイ役を演じた

人気声優の神谷浩史さんを起用!

 

ミスタは、こちらもPS2版「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風」から

ミスタ役を演じた伊藤健太郎さんを再起用!

 

 

果たして、私の予想は当たるのか!?

いやあ~、7/5のキャスト発表が楽しみですね。


スポンサーリンク

【ジョジョ第5部】アニメ化が遅い本当の理由とは?

前回『ダイヤモンドは砕けない』から今回の『黄金の旋風』まで

アニメ化にかかった期間は1年10ヶ月でした。

 

しかし、過去の「ジョジョ」アニメシリーズだと、

ここまでインターバル期間が空いた事はなかったはずです。

そこで、アニメの放送期間を調べた結果をまとめてみました。

 

 

1st Season【第1部・第2部】2013年3月放送終了

↓ インターバル(1年1ヶ月)

2nd Season【第3部】『スターダストクルセイダース』2014年4月から2015年6月まで

↓ インターバル(10ヶ月)

3rd Season【第4部】『ダイヤモンドは砕けない』2016年4月から12月まで

↓ インターバル(1年10ヶ月)

4rd Season【第5部】『黄金の旋風』2018年10月から

 

 

やはり、今回アニメ化が決定した『黄金の旋風』は

1年10ヶ月と最も長いインターバル期間でした。

では、なぜこれほど時間がかかったのでしょうか?

 

 

私の予想では、もっと早くに第5部の放映は出来たが

「ジョジョの奇妙な冒険、誕生30周年と荒木飛呂彦原画展に

合わせるためだったのではないか?」と推察しています。

 

やはり、30周年の記念イヤーというのもありますし、

何かしらファンへのサプライズをプレゼントしようという

荒木先生の心意気だったのではないでしょうか?

 

 

その分、アニメの作画にも相当な気合を感じます。

ちなみに荒木飛呂彦原画展については、こちらの記事でも

紹介させていただいてます。

 

発表されたイラストのクオリティーで放送を続けるのは

大変だと思いますが、アニメスタッフの方々には

ぜひとも頑張っていただきたいです。

 

 

第5部の放映前に【アニメ版 ジョジョの奇妙な冒険】を復習しましょう!

U-NEXTで見れるので、ぜひ確認してくださいね(笑)


※本ページの情報は2018年7月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今年は『ジョジョの奇妙な冒険』誕生30周年と荒木飛呂彦原画展、

そしてジョジョ第5部のアニメ「黄金の風」の発表とファンにとって

嬉しいジョジョイヤーとなりました。

 

 

荒木飛呂彦先生からジョジョファンへのプレゼントだと感じ、

ジョジョイヤーを満喫しましょう!

 

それでは、また!


スポンサーリンク