鏡

スポンサーリンク

どうも!

影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

 

ジョジョ5部のアニメ化が始まり、いよいよ暗殺チームが登場しました。

暗殺チームはファンの間で人気の高いキャラクターたちですよね。

暗殺チームの声優予想についてはこちら!

 

その中で気になるのが、イルーゾォのスタンド【マン・イン・ザ・ミラー】についてです。

【マン・イン・ザ・ミラー】は対象者を「鏡の世界」にひきずり込む能力です。

しかし、ここである矛盾が生じてしまいます。

 

今回は、スタンド【マン・イン・ザ・ミラー】ついて考察します。


スポンサーリンク

イルーゾォの【マンインザミラー】はジョジョ5部で最弱?

イルーゾォは、パッショーネ暗殺チームの1人で、その特徴は髪型です。

 

なぜかおさげにしていて、

まるでジョジョリオンの広瀬康穂ちゃんみたいに

かわいいですよね(笑)

 

髪型のせいではありませんが、イルーゾォのスタンドは

「鏡の世界」に引きずり込む能力に特化しているため、パワーが人間並みです。

最期は、ヘタレ全開でフーゴにやられてしまいました。

 

イルーゾォを完全否定!花京院が【マンインザミラー】をディスる!

実は以前にも「鏡」のスタンドは存在しました。

それは第3部で登場したポルナレフの宿敵J・ガイルのスタンド【ハングドマン】です。

※「ジョジョの奇妙な冒険」コミックス16巻参照

 

しかし、花京院ポルナレフに対して

「ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから、鏡の世界なんてありませんよ」と言い切り、

断固として「鏡の世界」があることを認めませんでした。

 

しかし、第5部で「鏡の世界」に入れるスタンドを登場させてしまいました。

「もしかして荒木先生。この設定忘れてない?」

そう思ってしまうシーンですね(笑)

 

 

でも、待ってください!

そもそも【ハングドマン】と【マンインザミラー】では根本的なスタンド能力が違います。

 

【ハングドマン】の正体は「光」のスタンドです。

反射によって鏡から鏡へ移動し、敵をかく乱する能力です。

 

一方、【マンインザミラー】は「鏡の世界」に見立てた

仮の「異空間」を作り出す能力だと思われます。

原作では、「異世界」を作り出すとは言われていません。

 

 

ただ、その根拠となるのが「ジョジョの奇妙な冒険」コミックス51巻に書かれた

【マンインザミラー】の射程距離についての説明です。

 

 

射程距離が「鏡の中」の世界では数百メートルと記載されています。

では、「鏡の中」の世界ではなく、現実世界であれば射程距離が短いと裏付けられます。

 

そして、【マンインザミラー】が作り出せる「鏡の中」の世界は

数百メートルまでの範囲だと考えられます。

 

 

つまり、【マンインザミラー】は数百メートル範囲の「異空間」を自ら作り出し、

その「異空間」の中だけは射程距離に関係なく自在に動けるのでしょう。

 

別の漫画になりますが、「ハンター×ハンター」でいうと、

ノヴというキャラの4次元マンション(ハイドアンドシーク)

という「異空間」のマンションを作り出す技に似ていると思います。


スポンサーリンク

イルーゾォには別の能力がある!?フーゴが見た幻覚とは?

私はイルーゾォに対して、もう一つ気になっていたことがありました。

それは、初登場時にフーゴだけが鏡の中にいるイルーゾォを目撃したことです。

 

一緒にいたジョルノやアバッキオには、イルーゾォの姿がまったく見えていませんでした。

実はイルーゾォには、もう一つ隠された能力があると考えられます。

それは敵に幻覚を見せる能力です。

 

 

その根拠とされるのが、イルーゾォの名前です。

 

ジョジョ5部のキャラクターは、ほとんどが食べ物の名前ですが、

イルーゾォには食べ物以外の名前がつけられています。

それは、イタリア語で「幻想」や「幻影」という意味です。

 

 

この名前からイルーゾォのスタンド【マンインザミラー】には

敵に幻覚を見せる能力が備わっているのだと考えられます。

荒木飛呂彦先生が、わざわざイルーゾォという名前をつけたのは

そういう意味があったのでしょう。

 

もしくはイルーゾォ自身が催眠術師でフーゴに催眠術を施して

幻覚を見せていたというパターンもありかもしれませんね(笑)

 

まとめ

イルーゾォのスタンド【マンインザミラー】には、数百メートル範囲の

「異空間」を作り出し、その中を自在に動けます。

 

そして、もうひとつの「幻覚」を見せるという隠された能力が

あることが分かりましたね。

 

 

もうすぐ、ジョジョ5部のアニメ版でイルーゾォが登場するので楽しみにしてください!

テレビ版を見逃した人は再放送を待たなくても、huluでも見れますよ。

huluについてはこちらをご覧ください

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク