飛行機

スポンサーリンク

どうも!

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

今回はジョジョの奇妙な冒険、第5部のアニメ「黄金の風」第10話

「暗殺(ヒットマン)チーム」のネタバレです。

 

アニメを見逃してしまいネタバレを知りたくない方は、U-NEXTをご覧ください。

U-NEXTならテレビの再放送を待たなくても、すぐに見れます。

U-NEXTについての詳細記事はこちら

 

スポンサーリンク

【ジョジョ5部】前回のあらすじとネタバレ

前回、第9話でブチャラティの命令により買い物を頼まれた

ナランチャは町で追手に遭遇しました。

 

Episodio 09「ボスからの第一指令」のネタバレ記事はこちらです

 

追手の名前はホルマジオ

彼はボスを裏切ろうとしている暗殺チームの1人です。

 

ナランチャの買い物から、女性用の化粧品や雑誌を見つけた

ホルマジオは、ブチャラティたちがボスの娘、トリッシュを保護している

ことに気づきました。

 

【リトル・フィート】は強い?ホルマジオは能力の使い方が上手い

ホルマジオのスタンド【リトル・フィート】は右手の人差指に

ナイフの様な刃物を装備していて、対象者をこのナイフを傷つけると

徐々に小さくすることができます。

 

一見すると、弱そうな能力ですよね?

しかし、ホルマジオは頭脳派で能力の使いどころが非常に上手い!

 

【エアロスミス】の銃撃をかわすために一瞬で自分を小さくしたり、

必死で探すナランチャのポケットにホルマジオは入りこんだりし、

翻弄します。

 

また、ホルマジオには隠された能力があるのではないかと私は考えています。

ホルマジオの能力についての考察はこちらです

 

暗殺チーム登場!全員の声優も判明!?

ホルマジオの回想シーンで、オリジナルシーンがありました。

なんと暗殺チーム、全員が姿を現します。

そして、それぞれのキャラの声優も判明!

 

リゾット・ネエロ・・・藤 真秀
ホルマジオ・・・福島 潤
イルーゾォ・・・成田 剣
プロシュート・・・鈴木 達央
ペッシ・・・木村 昴
メローネ・・・間島 淳司
ギアッチョ・・・岡本 信彦

 

原作では、この場面で暗殺チームは登場しなかったのですが、

やはり、人気キャラクターが多いだけに早めに登場させたかったのでしょう。

 

印象に残ったのがホルマジオの暗殺シーン。

【リトル・フィート】で小さくした自動車をターゲットの水に紛れ込ませます。

自動車を元のサイズに戻されたターゲットは無残な姿に・・・これはエグい!

 

暗殺チームがボスに反逆することになったキッカケは、

仲間のソルベジェラートがボスの正体を探ろうとして報復を受けたことです。

 

ジェラートは猿ぐつわを喉に詰まらせて亡くなり、

一方、美術品の様な、額縁が暗殺チームの元に届きます。

 

額縁を繋ぎ合わすとホルマリン漬けで輪切りにされていた

ソルベの体が浮かび上がってきました。

ソルベは生きたまま、足の先から切断されたのです。

 

そして、ジェラートはソルベの姿を見せられて

恐怖のあまり、猿ぐつわを喉に詰まらせて窒息しました。

 

ここで、気になったシーンがソルベを輪切りにした犯人です。

シルエットだけでしたが凶悪コンビ、

セッコチョコラータではないでしょうか?

 


スポンサーリンク

ホルマジオを圧倒!ナランチャのエアロスミスに隠された能力とは?

ホルマジオはナランチャのポケットに隠れ、

小さくなるまで待ち続けました。

しかし、ホルマジオがポケットの中にいることになぜか気づいたナランチャ。

 

ホルマジオに反撃を開始します。

ナランチャの攻撃から、なんとか逃れたと思ったホルマジオでしたが、

【エアロスミス】は的確にホルマジオを見つけ出します。

 

【エアロスミス】の真の能力とはいったい・・・

 

まとめ

まさかの暗殺チーム全員が登場し、盛り上がりを見せるジョジョ5部のアニメ。

そして、ナランチャの【エアロスミス】が反撃を開始します。

ホルマジオは追い詰められますが、果たしてどうなるのでしょうか?

 

【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風】はU-NEXTで見れます。

キャンペーン中なので、初回登録は31日間無料で見れますよ。

 

しかしキャンペーンなので、いつ終わるか分かりません!

「後でもいいや」と考えて逃してしまうのと、

キャンペーンで得をするのは、どちらが良いでしょうか?

 

申し込むなら、お早目に!
U-NEXT
※本ページの情報は2018年12月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

次回、Episodio 11 「ナランチャのエアロスミス」です。

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク