ジョジョ実写どうも!

スポンサーリンク

管理人の影吉良吉【かげよしりょうきち】です。

 

 

実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』が

2019年2月10日に地上波で放送されることが決定しました!

 

ジョジョの実写には賛否両論があり、あえて観ていない人もいます。

映画館でお金を払って、観るまでもないと思っていた人も

「テレビだったら、タダだし見てもいいか。」と思えるのではないでしょうか?

 

ただし、私の住む関西での放送は残念ながら無いようです。

本編オープニングの動画はこちらをご覧ください。

 


スポンサーリンク

史上最低の駄作?実写版ジョジョの評価はつけようがない?

実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』は

マンガ版の第4部をモデルとしています。

 

主人公の東方仗助が架空の町、杜王町で

次々と謎の能力(スタンド)を持った敵と出会い、戦いを繰り広げる作品です。

2017年に劇場公開されましたが、興行収入は10億円弱とふるわなかった作品です。

 

 

私は当時、ジョジョの実写版を映画館で観ました。

ネットでは、キャストについて「主人公の東方仗助役がミスマッチ」など

「駄作」だと罵られて最悪の評価をつけられていました。

 

確かに東方仗助は、不良という設定なので

仗助役の山崎賢人さんは爽やかすぎるかもしれません。

 

あと、山岸由花子は性格がかなりヤバイのですが、

由花子役の小松菜奈さんは、ちょっとかわいすぎますね(笑)

 

 

ただ私の個人的感想としては、「思ったよりは悪くない」と感じました。

それは、アンジェロ(片桐安十郎)役の山田孝之さんの演技力でした。

アンジェロは、連続殺人犯でスタンド能力を身につけて脱獄した凶悪犯です。

 

正直、マンガとは雰囲気が違いまったく似ていません。

しかし、マンガ版とは違うアンジェロの凶悪さやアブナさという

魅力を引き出した山田孝之さんはさすがだと感じました。

 

ジョジョの実写版に続編はあるのか?

当初、実写版ジョジョには、続編があるのではないかと思われました。

映画をすでに観た人は分かると思いますが、物語はジョジョ4部の序盤で

アンジェロを倒した後、虹村兄弟と対決します。

 

そして、仗助が虹村兄弟に勝利した後、

形兆は吉良吉影の【シアーハートアタック】に襲われて亡くなります。

 

 

マンガ版だったら【レッド・ホット・チリ・ペッパー】なのですが、

映画という限られた時間の都合上、吉良吉影のスタンドを登場させたのでしょう。

 

驚きの表情

いや、もう明らかに続編を制作する気やったやん!

と思ったのですが、あまりの興行収入の悪さに頓挫したのでしょう。


スポンサーリンク

【ジョジョ実写続編】の吉良吉影役はこの人だ!気になるキャストは誰?

しかし、私はジョジョの実写版、第2章が制作されるのではないかと考えています。

なぜなら、あれほど人気のなかった実写版を

この時期に放送する意味とはなんでしょう?

 

現在、ジョジョ第5部のアニメ化が放映されています。

実写版をまだ見ていないアニメファンに訴えかえて、

映画の終了後に重大発表と称して、続編の紹介をするのではないかと考えています。

 

 

そして、気になるキャストが吉良吉影役ですよね。

ネットでは、以前から「吉良吉影役はこの人しかいないだろう」と

言われているのが、俳優の北村一輝さんです。

 

あの妖しさとジョジョ感あふれる濃ゆい顔が

まさに吉良吉影のイメージにピッタリです。

 

 

ここで映画の制作陣が北村一輝さんを抜擢すれば

映画の興行収入は一気に跳ね上がる可能性が出てきますよ!

 

まとめ

2019年2月10日に地上波で放送されることが決定した、

実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』

 

 

今回の地上波初放映で重大発表はされるのでしょうか?

そして、気になる続編はどうなる!?

北村一輝さん!頼むから吉良吉影になってくれぇ~ッ!

 

僅かな期待を胸に関西では放送されない

実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』を

楽しみにしています(笑)

 

 

しかし、実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』が

放送されない関西の方も、U-NEXTなら月額1,990円(税抜)で見れます!

初回登録ならば、31日間無料キャンペーン中!

 

キャンペーンなので、いつ終わるか分かりません!

「後でもいいや」と考えて逃してしまうのと、

キャンペーンで得をするのは、どちらが良いでしょうか?

 

申し込むなら、お早目に!

U-NEXTの登録はこちらから

 

 

それでは、また!


スポンサーリンク